ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

ツインレイ 究極の愛

 

究極の愛とは。

 

 

 

 

それは、運命の相手との間でだけ育める愛のことを指すのではありません。

 

 

 

 

究極の愛、というのは、

 

 

 

 

たった今、与えられているすべての愛

 

 

 

 

です。その、平凡でありきたりな日常生活において散りばめられている様々な愛に気づけている状態を、究極の愛、と呼ぶのです。

 

 

 

 

私たちは、当たり前になっていることに対して、それに感謝したり、それがどれほどの奇跡の上に成り立っているのか、ということを、なかなか気づくことができません。

 

 

 

 

例えば、スマホや携帯を通してネットに書いてある情報を読む、ということについて。

 

 

 

 

まず、目という機能が与えられて、その目が見えているからこそ、読むことができています。

 

 

 

また、携帯やスマホやPCを持てている、という大前提があります。

 

 

 

情報を読める、ということは、例えば、戦争等によって国を追われて他国に住むところを求めて移動せざるを得ない、というような状況ではない、安全な環境に居るということです。

 

 

 

このように、私たちの生活は、数え切れない程の感謝と奇跡の積み重ねによって、今があります。

 

 

 

野球のイチロー選手は、毎日毎日、誰の目にも触れない自宅で、決まった時間に決まった回数の素振りを、何年も継続されていらっしゃるそうです。その、地道な取り組みの結果として、前人未到の野球の成績という、究極のプレイヤーになっていらっしゃいます。

 

 

 

もし、イチロー選手が、日々の素振りを大切にしなかったのならば、究極ともいえるの成績に到達することはなかったでしょう。

 

 

 

つまり、毎日の、1回1回の素振りが、究極の成績の一部なのですから、その1回1回も究極なのだ、と言えるのです。

 

 

 

 

 

皆さんは、たった今、数えきれないほどの愛を与えられ続けています。

 

 

 

 

その一つ一つの愛を理解することが、究極の愛の姿です。

 

 

 

 

その一つ一つの愛を理解するために、運命の相手に出会ったのです。

 

 

 

 

 

その積み重ねの先にあるものが、愛する相手と育む愛、です。

 

 

 

 

 

 

 

今、ここにある愛を大切に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ここに書きました内容が、目の前にいる人とうまくいっていない時に、愛する相手とだけはうまくいく、ということにならない理由です。まずは、今、身近に接している人との愛を大切になされてください。それは確実に、愛する相手との愛につながっているからです)

 

 

 

 

 

 

 

 

___________
 
 

1月のセッションのたくさんのお問い合わせ・お申し込みをありがとうございました。受付を終了させていただきます。次回の受付開始は、2月上旬の予定です。

 

 

 

自己変容プログラム 残り1枠 終了

メールセッション  残り1枠 終了

お電話セッション  残り2枠 終了

ツイン鑑定     残り1枠 終了

女神セッション   残り1枠 終了

女神塾       残り1枠 終了

 

 

 

お問い合わせ twinray_hanabi @ yahoo. co.jp

 

 

 セッションの詳細につきましては、関連記事「お知らせ①~⑦」をお読みくださいませ。

 

 

 

 

  

 [これまでいただいたセッションのご感想です]

 

 

 お電話セッションのご感想①

www.twinrayhanabi.com

 

 

 

お電話セッションのご感想②

www.twinrayhanabi.com

 

 

 

自己変容プログラム・メールセッションのご感想①

www.twinrayhanabi.com

 

 

メールセッションのご感想②

www.twinrayhanabi.com

 

 

 

セッションに対していただきましたご感想は、こちらから読むことができますので、ぜひご参考にしてくださいね。(これまで、ご感想をくださった皆さんに感謝しております!)

www.twinrayhanabi.com

 

 

 

 

[人気過去記事です]

 

[魂の恋愛]

www.twinrayhanabi.com

 

 

[ツインレイ 底]

www.twinrayhanabi.com