ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

【スポンサーリンク】

ツインレイ

ツインレイ こたえあわせ

私が言った 「あの時私は、こう思ってたのよ」 あなたが言った 「あの時僕は、こう思ってたんだ」 私が言った 「あの時私は、悲しかったのよ」 あなたが言った 「あの時僕は、悲しかったんだ」 私とあなたが 同時に言った 「ずっとこんな風に ただ話がしたか…

ツインレイ 愛の役割

女性が内側担当 男性が外側担当 女性はベクトルを 自分の内側へと向けて どんどん自分の中へ 入っていけばいい 自分の愛の源泉に触れ 自由に天真爛漫にいれば 心の真ん中が愛の起点となって 愛の円環が回り始める 男性はベクトルを 自分の外側へと向けて ど…

ツインレイ 愛の炎②

ふたりの 情熱の灯火は あなたの胸の中でも わたしの胸の中でも 決して消えない ものだから その炎の 温かさと優しさは 互いにどんなに 離れていても それぞれの 今を照らすために 大切にすると 約束したよね 今ここで 満ちるために

ツインレイ 男性性

僕は今 がんばっている なぜならば 自信をもちたいから 我慢しても 無理をしてでも 仕事ではつくり笑顔 上司の前で元気なふり 部下の前で 僕は大丈夫と言うし 疲れていても大丈夫なんだと 自分に言い聞かせる 僕はただ 自分の力を試したいんだ がんばってい…

ツインレイ 女性性

もう なにもがんばらない だって がんばりたくないから 我慢をしない 無理なことをやめる 笑顔をつくらない 元気なふりをしない 大丈夫と思わず 言ってしまうことをやめて 大丈夫じゃないよと 言葉にしてみる わたしはただ 自分でいると決めたの がんばった…

ツインレイ 見えない糸

あなたに 笑っていてほしい あなたの 喜ぶ顔が見たい あなたを 愛で包んであげたい そんな温もりを ふたりで静かに感じたい 僕の願いは それだけです 月に向かって 僕は今夜もあなたの幸せを祈ります ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ 1月25日みずがめ座の新月(06:43) 【…

ツインレイ 温もり

道端で 捨て猫が泣いていた 震えていて みゃあと弱々しく鳴いている 幼い猫は まるであの時の私みたい お外がとっても寒くって 凍えていた小さなわたし 冬なんて早く過ぎればいいと いつも思ってた どこへ行っても 温かな場所なんかなくて ひとりでじっと 耐…

ツインレイ ふたりの夜

優しいお月さま 柔らかなお月さま 色んな表情を 見せてくれる 私とあなた 出逢ってから何度も 違う月の夜を 懸命に通過してきた 数えきれない 嬉しいことも 切なさも悲しさも あったけれど 今夜は 今、見える月だけを 静かに 味わってみる 離れていても 同じ…

ツインレイ 共鳴

川のように ただ流れに任せる 海のように 揺れるがまま 風のように どこへでも身を任せて 空のように 制限はない 星々のように 輝くことをゆるし 月のように 見守りながら 花のように 淡々と咲く そして太陽のように 燃えていていいの 私はひとりじゃなくて …

ツインレイ 光と影

三日月の夜は 裏側は見えない 曇が多い日は 星たちが姿を隠す 霧がかかって 山々がうもれている 土砂降りの日に 太陽はどこへいったのか 幼い私はあの雨の日 傘をさしながら ひとり何度も お空を見上げたけれど どんよりとしていて やっぱり太陽は見えなかっ…

ツインレイ 在る

宝ものを みつけにいこう 宇宙からの恵みを 探しにいくの ずっと欲しかった ずっと手に入れたかった 幼いころから求め続けて 切望していた 愛するあの人が 与えてくれるんじゃないかと 待ち望み 期待していた ようやく分かったの どこを探してもなかったの …

ツインレイ そのまま

好きなら 好きなまま 頭にくるなら 頭にくるまま イライラするのも イライラするまま 嫌いなところも そのままでいい 自分がダメなら ダメなまま 情けないなら 情けないまま 分からないなら 分かるふりをせず 執着するまま 手放せないまま その人を愛するこ…

ツインレイ ひかり

太陽から注がれる 温かなひかり それが湖に反射して 湖面もダイヤのように煌く 道端で見つけたお花が 優しく笑う すれ違った赤ちゃんが すやすや安心して眠っている 星たちのささやきと一緒に 月が見つめる 私たちの心に届く そんな喜びと幸せは 全部が 自分…

ツインレイ 真ん中

過去のわたしは ずっと心が硬いまま まるでなんにも動かない シーソーみたい そこにあるけど そこにはない わたしはいるけど わたしはいない 嘘や偽り 本音のない人生 あの日あの時 あなたに出会い 音を立てて 目の前の空間が揺らぎ シーソーが突然 動き出し…

ツインレイ 神聖さ

悲しくて苦しくて 心が痛いとき どうして良いのかわからず さまよっているとき 会いたくて切なくて 胸が張り裂けそうなとき 何かを追い求めて 無我夢中なとき 暗黒の中を ひとりもがいているとき そんなときにこそ 神聖さがやどっているのです 暗闇だからこ…

ツインレイ 無色透明

重ねてきてしまった ふたりの色を 清らかな雨水によって ひとつずつ溶かしていく あんな色やこんな色 いつのまにか幾十に重なって あなた色とわたし色が こんがらがって ちぐはぐな絵ができあがって ふたりして見えなくなった もともとそこにあった 無色透明…

ツインレイ 引き算②

現代人は 多くのものを持ちすぎている ブランド品や流行の服 高価なものや自慢できるもの 多くの情報 たくさんの知識 ネット上でのつながり SNSやアプリからの通知 幸せそうに見える写真 褒めてもらえそうな出来事 これまでに手に入れた物や思考や 過去の記…

ツインレイ 引き算

足し算をして 何かを付け加えて 今の自分に 何かを懸命にプラスするから 評価されるのではなく 愛されるのでもなく 自分から引き算をして もう必要のないものは 手放して マイナスをして 削ぎ落とした先に そのままのあなたが現れる なにももたなくていい な…

ツインレイ 静けさ

花たちは 静かに咲いている 星たちは 静かに輝いている 川は静かに流れ 風は静かに去っていく 静かな場所に わたしがひとり 誰もいない 何にもない そんな静寂の中で 会えるひとがいる 置き去りにしてきてしまった あの時のわたし その時のわたしに 会いに行…

ツインレイ 非凡

私の心の奥のほうに あなたが灯してくれた 深い愛の炎は 私の拠り所となり その愛の泉から咲く 花々が わたしとあなたの きらめく光となる だからあなたもわたしも 輝かなくていいし 特別でなくていいし 普通でいい 平凡こそが奇跡の花だと ふたりで噛みしめ…

ツインレイ 光のシャワー

わたしは この地球のどこにいても 太陽の光が わたしをめがけ照らしてくれて 優しさと温かさを 与えてくれる わたしはいつでも その光に包まれる あなたが この地球のどこにいても 月の光が あなたをめがけ照らしてくれて 柔らかさと癒しを 与えてくれる あ…

ツインレイ 軌跡

秋の風に吹かれ 夕暮れどきに 黄金色の田んぼの上で 二匹の蝶々が 行ったり来たり ひらひらと飛んでいる あっちに行ったり こっちに来たり ずっとむかし 小さな頃に遊びに夢中で 家に帰りたくなかった 女の子だったわたしも 同じように 夕暮れに蝶をみてた …

ツインレイ 在る

それを食べているようで 食べていない 飲んでいるようで 飲んでいない 触れているようで 触れていない 知っているようで 知らない その人の顔を見ているようで 見えていない その人の話を聞いているようで 聞いていない その人の話を聞いているようで 聞けて…

ツインレイ パラドックス(逆説)

誰にも理解されなくてもいいや、が 自分を理解したということ あの人に分かってもらえなくてもいい、が 自分を分かってあげたこと あなたのここが嫌いと言えることが その人を大好き 苦手な相手は 愛の使者 うまくいかない出来事が 学びの宝庫 当たり前や普…

ツインレイ ひらく

女性の役割は 受容すること 優しさを 受けとること 男性に 尽くさせてあげる 追いかけさせてあげる 夢を叶えさせてあげる だってそれが 王子様のしたいことだから 道端に咲く お花のように 太陽の光を浴びて 雨水を受けとって ただそこに 咲くだけでいい だ…

ツインレイ 光のエネルギー

太陽は眠らない 一時も休むことなく 私に向かって ひかりを照らし続け 眩くて煌めく優しさを いつも与えてくれている その柔らかなエネルギーが 私のハートを包んでくれる 私の寂しさや切なさも 静かに包み込む まるで あなたがしてくれてるみたいに

ツインレイ 冒険

わたしが子どもの頃 新しいことが好きだった 見たことのない世界 行ったことのない場所 初めて見た満点の星空 初めて触れた夏の海の冷たさ 何をも恐れず わたしは好奇心旺盛だった だから今も わたしは冒険が好き だからこれからも 未知なる道を歩いていくの…

ツインレイ こっちとそっち

こっちにあるものは 近すぎて見えにくい そっちにあるものは 遠くて未知なので欲しくなる そっちにあるものが こっちになった途端に そっちがこっちになってしまい そっちにあった魅力が消えて 再びこっちにはない そっちにあるものに手を伸ばす 本当はこっ…

あるがままに

七夕の夜に、皆さんが今ここにある愛に触れ、心温かな夜を過ごされますように。 いつも宇宙からの無限の愛を信じて、あるがままのご自分を大切にお過ごしくださいね。 [ツインレイ 溢れる愛] www.twinrayhanabi.com

ツインレイ 見つけた

虚しくて 寂しくて どうしようもない 切なさに泣いた そんな自分が 嫌いだったけれど だからこそ 見えた世界があった 虚無感の果てに きてみたら 本当の私が 待っていてくれた ずっとずっと 会いたかった私がそこに 見たこともないほど美しい 一輪のか弱き花…