ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

愛の色彩

 

 

これからやってくる未来は、いつもまっさらなキャンパス。

 

 

 

 

そして、私という1人の女性の心も、毎朝、目を覚ますたびに、まっさらになっている。

 

 

 

 

そんな自分に聞いてみる。

 

 

 

 

「今日のあなたの心は、何色ですか?」

 

 

 

 

心は決して一色ではない。

 

 

 

 

そして、まるでグラデーションのように変化し、すぐにクルクルと変わっていく。

 

 

 

 

だからその度に、聞いてみる。

 

 

 

 

「たった今のあなたの心は、何色ですか?」

 

 

 

 

 

 

澄んだ空のような、真っ青

晴れ渡った湖のような、水色

燃える炎のような、真紅

太陽の優しさのような、オレンジ

静かなお月様のような、黄色

 

 

 

爽やかな、エメラルド

柔らかな、ベージュ

ときめきの、桃色

 

 

 

 

だけど、いつも、こんな色ばかりじゃなくて。

 

 

 

 

 

真っ黒

こげ茶色

灰色

ぐちゃぐちゃに混ざった色

自分でも何色か分からない。。。

 

 

 

 

そんな時もある。

 

 

 

 

 

そんな時は、まずは、そういう色をしていても大丈夫だよ、と、自分に言ってみる。だって、私という女性は、もともと、数え切れないほどの絵の具を持って生まれてきたのだから。

 

 

 

 

私の心を、どんな色でも染めてもいい。私の心は、どんな色で染められてもいい。

 

 

 

 

私が何色かなんて、決められないし、決めたくない。

 

 

 

 

まるで、絵画を見るかのように、自分の色を自分の目で、遠くから眺めてみる。その時々の色を、静かに味わってみる。

 

 

 

 

 

そして、その色を変えたい時には、少しずつ、少しずつ、白い絵の具を混ぜていく。涙という水を、そこに加えてもいい。

 

 

 

 

そうすれば、それらの色は、だんだんと薄まっていくから。

 

 

 

 

 

 

これから、私という女性が何色になっていくのか、楽しみです。

 

 

 

 

カラフルな人生を送りたい。

 

 

 

 

愛の色彩は、何色でもゆるされている。この世に生まれたその日から、ずっと。