ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

真実の愛とは

私たちの心は、一つの心です。

 

 

 

彼(彼女)に対しての心があって、自分に対しての心があって、友達に対して心があって、という風に、バラバラに分かれているわけではないのですね。

 

 

 

いつもいつも、同じ一つの心を使っています。

 

 

 

 

例えば、あなたが彼(彼女)を責めている時。

 

 

 

 

それは同時に、全く同じジャッジの物差しで、ご自分で気付かなくても自分のことを責めています。

 

 

 

 

逆も同じです。あなたが、ご自分を責めている時。

 

 

 

 

全く同じジャッジの物差しで、無意識のうちに相手のことも責めています。

 

 

 

 

 

どう考えても相手が悪いと批判したくなることがあると思います。しかし、誰かを、何かを批判する側に皆さんがなっているとしたら、それは、ご自分のジャッジの物差しに気づくチャンスです。

 

 

 

 

相手を批判しているその物差しを、ご自分に適応し、それで苦しんでいるのはご本人だからです。

 

 

 

 

相手に〇〇した方が良い、と思う時。あなたはそれによって、実は自分が苦しんでいます。

 

 

 

 

相手は〇〇すべきた、と感じる時。あなたは、その〇〇すべきという枠組みでご自分を縛ってしまっています。

 

 

 

 

ツインだから〇〇であるべき、という考えが、相手ではなく、あなた自身を苦しめてしまっているのです。

 

 

 

 

 

真実の愛とは、相手に対してではなくて、まずは、皆さんが自分を責めることをやめることなんです。

 

 

 

 

皆さんが、ご自分の過去、嫌な後悔、思い出したくない失敗を、それらも含めて、それでも私は不完全な人間だから、その不完全なままで大丈夫だったのだ、と思うこと、そしてそんなご自分を認めてあげることです。

 

 

 

 

そんな風に、これまでご自分に起きてきたこと、今起きていることを、良いか悪いかで判断しないで、すべての現実が意味があって起きている、と、それらをゆるしてあげてください。

 

 

 

 

 

ですからね、ツインのステージとは、相手ではなく、どこまでもご自分との対峙です。

 

 

 

 

 

どんな出来事、どんな感情も、相手を見るのではなくて、自分の心の内側を見る機会にするのです。

 

 

 

 

そうしますとね、自分のジャッジの物差しが一つ一つ無くしていけますから、自分も相手も善悪で判断することが減っていき、彼とのことだけではなく、周囲の人との人間関係が良くなっていきます。

 

 

 

 

そして、自分の日常生活が、より穏やかで、より自分らしくいられるようになります。

 

 

 

 

普段の生活において、自分軸になれるので、相手によって自分の幸せが左右されないのです。

 

 

 

 

 

自分のジャッジの物差しを一つ一つ無くしていくこと。自分を責めないこと。あらゆる感情をゆるしてあげること。これが、真実の愛への道のりです。

 

 

 

 

そして、もし、ジャッジしてしまっても、ジャッジをやめられない自分を見つけても、その事実をジャッジせずに、今はそんな自分なんだな、と、愛を持って受け入れてあげてください。

 

 

 

 

どんなあなたでも、あなたがジャッジせずに、受けとめて、愛してあげてください。