ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

我慢の正体

少し前に書きましたように、

 

 

感情というのは、変装して表れてきます。

 

 

 

では、我慢は、とは、どんな気持ちが変装したものでしょうか?

 

 

 

あなたの我慢していることを考えてみてください。

 

 

 

 

彼に言えないこと

 

 

 

ツインのステージ通りにしか進んではいけないと思うこと

 

 

 

相手は彼でなくてもいいです。

 

 

 

親に言えないこと

 

 

 

親に無理に合わせていること

 

 

 

親の言う通りにしていること

 

 

 

自分の気持ちよりも親の気持ちを優先していること

 

 

 

友達の前で我慢していること

 

 

 

職場で我慢していること

 

 

 

 

考えてみてください。

 

 

 

実は、

 

 

 

 

我慢の正体は、

 

 

 

恐れ、です。

 

 

 

 

我慢をしないでやってみることをイメージしてみてください。

 

 

 

 

例えば、彼に言いたいことがある。

 

 

 

彼に分かってほしいことがある。

 

 

 

でも、言えないから私が我慢する。

 

 

 

でも、言わない方が穏便にすむから我慢する。

 

 

 

 

ツインのステージ通りに進めば統合するから、我慢する。

 

 

 

 

もし、この逆をしてみたら?

 

 

 

我慢せずに言いたいことを全部彼に言ってみる。

 

 

 

我慢せずに怒られようが、再度拒絶されようが、伝えてみる。

 

 

 

 

ツインのステージ通りではないかもしれないけれど、今の気持ちを大切にするために、とにかく彼に伝えてみる。

 

 

 

 

そうしたら、何が起こるか。

 

 

 

 

彼に嫌われる。

 

 

拒否される。

 

 

無視される。

 

 

 

統合のステージにたどり着けない。

 

 

 

 

これらは実は、

 

 

 

すべて同じ恐怖です。

 

 

 

それは、

 

 

 

私は愛されない、という恐怖、です。

 

 

 

 

愛されたいからこそ、私たちは我慢してしまう。

 

 

 

愛に溢れた統合を迎えたいからこそ、今は我慢してしまいます。

 

 

 

 

私たちは誰もが、

 

 

 

愛されないことを恐れているのです。

 

 

 

 

それはきっと

 

 

 

ツインも彼も、そして親も友達も同じことでしょう。

 

 

 

 

それほどまでに、

 

 

 

私たちは、愛がなければ、いきて行くのは困難なのです。

 

 

 

 

 

しかしながら、

 

 

 

 

自分は愛されていないと恐れていますけれど、

 

 

 

 

実は、

 

 

 

 

私たちはすでに、愛されているとしたら?

 

 

 

 

嫌われると思っているけれど

 

 

 

すでに、実は

 

 

 

溢れんばかりの愛を注がれていたとしたら?

 

 

 

そして、私達が何をしようと、その愛が、決して無くならないし、減りもしないし、絶対に失われないと分かっていたら?

 

 

 

そうであれば、

 

 

 

どんな行動も起こせるのではないでしょうか?

 

 

 

 つまり、我慢するかどうか、というのは

 

 

 

私達が、自分自身のことを

 

 

 

私は愛されている、と信じられること

 

 

 

私の愛は決してなくならない、と信じられること

 

 

 

私は愛されるに値する女性であると知っていること

 

 

 

そんな風に、愛を信じられるかどうか、にかかっているのです。

 

 

 

 

だから、愛は、信じることなのです。

 

 

 

 

恐れがあるのは、信じていないから。

 

 

 

 

信じられないのは、自分とまだ対峙しきれていない部分があるからです。つまり、自分で自分を信じきれていない。自分で自分を信じきれていないと、相手のことも同じように信じることはできません。

 

 

 

 

やはり、愛とは、まずは自分の全てを丸ごと愛してあげることです。そこから全てがスタートします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この年末も、慌ただしいですが、自分と向き合う時間にしたいですね(^ ^)