読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

シンプルなこと

心の中って、複雑なようでいて、実はとってもシンプルなんだな、って最近思います。

 

 

何かを外側に「求める」と

 

 

幸せは訪れない。

 

 

なぜならば、世界のすべては自分の心の内側の投影なのだから、外側だけを変えることはできない。

 

 

 

求めることを、やめること。

 

 

 

それだけで、一挙に幸せの扉が開く。

 

 

 

求めるのではなく、自分の心の内側を、見つめる。

 

 

 

 

そして、自分の心の内側とは、自分で満たせるのだ、自分一人で愛せるのだと知ると、

 

 

 

求める、という行為が

 

 

 

純粋に、

 

 

 

与える

 

 

 

に変わる。

 

 

 

心が、求める、から、与える、に変容した時に

 

 

 

そこで、不幸や苦しみは終わる。

 

 

 

もともと満たされている私たちの魂は

 

 

 

欠けているものなど一つもなく

 

 

 

求める必要は何もなくて

 

 

 

ただ、愛に欠けているという思い込みが

 

 

 

愛を求めてきてしまっただけのこと。

 

 

 

もし、本当にツインという存在がこの世にいるのなら、

 

 

その、魂と魂が離れている苦しみや辛さとは

 

 

 

心の辛さとは別物と私は思っています。

 

 

 

まさに、魂の痛み、というような感じで。

 

 

 

だから、魂の痛みはあってもいいし、それは不幸ではないこと。

 

 

 

そうではない、心の乾き、愛の渇望、欠けた部分を他者で満たそうとすること。

 

 

 

それは、ひとつひとつ、自分で癒していくことができるから、大丈夫。

 

 

 

 

 

シンプルに、自分は自分で満たし、溢れでる愛を誰かに与える人生。

 

 

 

いや、与えるというよりも、共有する、ですね。

 

 

 

誰もが、愛そのものなのですから(*^^*)