ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

「私は彼に全てを伝えて初めて本当の意味で地に足がついたと思ってます」

www.twinrayhanabi.com

 

 

 

こちらの記事へのコメントをいただきました。

 

 

言いたいことを全部言えて、体が軽くなり、後悔がなくなってよかったですね!

 

 

 

========

 

hanabiさん、こんばんは。

 

 

今回のメッセージですが、本当にその通りだと思います。 私はずっとチェイサーだから連絡してはいけない。 しないことが近道だし、彼が連絡をしないという選択をしてるのなら、それを受け入れ私からも連絡するべきではない。と、ずっと思って実行してました。 彼に言いたいことを我慢してました。 でも、そうすることで逆に彼に対して、あーするべきだったかも?とか、こうしていれば彼と離れずにすんだかもとか、ちゃんと気持ちを伝えていれば彼が離れていくことはなかったのかも?とか。。。 本当に後悔だらけでした。

 

 

 

 

 

後悔しても意味はなく、全ての事柄が必要なことだとは思ってます。 それでも、毎日考えるのは彼と一緒にいた日々で、自分では前に進めていると思ってましたが、今にして思えば彼に対することは立ち止まったままのような状態でした。

 

 

 

手放しの意味を履き違えていました。 それは本当に脳内ルールに書き込まれた「チェイサーは待つ者」「チェイサーから行動してはいけない」というツイン情報からです。 いろいろな人からの言葉のヒントを便りに自分の直感を信じ、1年以上かけてようやく彼に伝えたかったことを全て伝えました。

 

 

 

1度に全てではなく数ヵ月に1回メールをし伝えたいことを伝えました。 毎回違う事についてです。 そして、本当に最後の私の望みを彼に伝え終わるとホッと安堵しました。 もうこれ以上私には出来ることが本当になくなりました。

 

 

 

そうすると体が軽くなった気がしました。 後悔の気持ちがなくなったからだと思います。

 

 

 

今は彼に限らずいろいろな男性と話す機会を増やし、彼を待つのではなく自分らしく日々を過ごしています。 そうすると本当に彼のことばかりを考えて生活していたのを実感しました。笑

 

 

考えていないと思ってるようで考えているものなんですね。 手放したと思ってたのが恥ずかしいぐらいです。笑

 

 

 

 

 

 

彼には負けていられません。笑 私も同じぐらい幸せになります。 彼に会う前に比べたら、今の生活は180度変わったぐらい幸せな環境ですが、私は女神なので、もっと幸せになって当然だと思ってます。 彼に対してこうゆう気持ちになる日がくるとは思ってませんでした。 ツインにこだわらないと言いつつ ツインだと信じたかったんだと今ならわかります。 彼がいないと幸せになれないと。

 

 

 

 

私は彼に全てを伝えて初めて本当の意味で地に足がついたと思ってます。

 

 

 

 

これから先、彼に出会うことがあるのか、他の誰かなのかわかりませんが、私という女神を愛してやまないただひとりの彼に見つけてもらえる日を楽しみにしています(^^)

 

========

 

 

こうやって、行動した先に、見えてくるものがありますね!言いたいことを思い切って全部伝えたご自分をたくさん褒めてあげてくださいね。

 

 

 

皆さんは、女神なのですから、同じことで悩んだり、ずっと同じことで悲しんだり、ひとつのところに留まっていることがもったいなさすぎなんです。

 

 

 

もっともっと、貪欲に、ご自分の幸せを実現させてあげてください。

 

 

 

 

女性って、待っていることが大嫌いな生き物なんです(同感!ですよね)。

 

 

 

 

なぜならば、本質的に揺れ動いているのが女性性なので、不安や恐れが男性よりも大きい分、安心させてほしい欲求が強いので、待つことは、そんな女性にとって最も苦手な行為でしょう。

 

 

 

みなさんは、大嫌いな待つという行為を、大嫌いにも関わらず、いつまで続けるのでしょうか?

 

 

 

皆さんの魂は、そんな皆さんにしびれを切らしているのではないでしょうか。

 

 

 

そして、皆さんが恐怖に思っているだけで、実は、本音を話す、ということは、やってみれば、それほど怖くないことだった、と気づくでしょう。(これは、やってみなければ分かりません)

 

 

 

本音を言える自分になって、地に足が付いたとき。そのときは、それまでのふわふわした自分とは違った、どっしりとした自分が生きている、という感覚を味わうことができることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

____________

 

女性性の本質である「受容」とは、待つこと、そして、相手のどんなことでもゆるし、受け入れる、ということではありますが、これについても、「私はもう待たないのだ」「できる限りの行動をすべてやったのだ」という先にある境地です。

 

 

 

「待たない」「待ちたくない」を全てやり尽くした先に「本当に待てる自分」、つまり、「受容」を体現できるようになった自分の姿があります。

 

 

 

 

 

 

ツインのステージに関しましては、ツインブログ等で、発信する人によって様々な表現方法で説明されており、その表面だけの言葉によって理解しようとしますと、解釈を誤ったり、誤解してしまうということが起きやすいです。

 

 

これからも、ツインのステージについて、魂の成長について、皆さんに理解していただけるように言葉を綴っていきたいと思っておりますし、それが私の役割だと思っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、本日9月9日の「統合の日」に当たりまして、私から「愛の喝のメッセージ(笑)」を受け取りたい、という方は、本日0時までコメント欄に書き込んでいただきましたら、ブログにてメッセージをお届けしたいと思っております。

 

 

 

愛の喝を受け取りたい、という方は少なそうですが(笑)、受け取りたい、という方は、ぜひ書き込んでくださいね。お待ちしております!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セッションでは、どうすれば本音を言える自分になれるのか。お一人ひとりにお伝えしております。詳細は、こちらをお読みくださいませ。

www.twinrayhanabi.com