ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

自分の世界の外に出ること

おはようございます。hanabiです。いつも私のブログを読んでくださいましてありがとうございます。

 

 

昨日、私は、ある駅に行きました。もう、これまで何十回も利用している見慣れた駅です。

 

 

普段は、通過点の駅として利用しているので、いつも乗り換えるか、もしくは、改札そばのキオスクなどでちょっとしたお買い物をするぐらいでした。

 

 

昨日は、たまたま時間がありまして、少し、その辺をぶらついてみようかな、と思いました。はじめて、改札そば以外のところを歩こう、という気になったんですね。

 

 

そして、いつもはあまり通らないほうの通路を通ってみたんですね。

 

 

そうしましたら!私はびっくりしました。

 

 

いつも通っている通路と違う通路を通ってみますと、いつもは目にすることのない、曲がり角の向こう側へ行けました。そこに曲がり角があることは知っていたのですが、そこから先を覗いたことがなかったんです。

 

 

たまたま、昨日、時間があって、曲がり角の向こう側を覗いてみましたら!なんと、そこには、私がいつも通っている通路の何倍もの広さのスペースがあって、ショッピングセンターになっていたのです。

 

 

まさか、曲がり角の向こう側に、ショッピングセンターがあるなんて思ったことがなかったので、まるで遊園地にきたかのように嬉しくワクワクしてしまいました。

 

 

新鮮なお野菜が売っているスーパーのコーナー、お土産屋さん、雑貨屋さん、お花屋さん、ゲームコーナー、スイーツコーナー、カフェスペース、などなど。

 

 

 

こんなにたくさん、楽しい場があったのに、私は、いつも同じ通路を通っていて、曲がり角の向こう側にショッピングセンターがあると知りませんでしたから、本当に驚きました。なによりも、そんなに広い奥行きのある空間があることが驚きでした。

 

 

 

その空間を楽しみながら、私は思いました。私たちの思考においても、これと同じことが起きているのではないかな、と。

 

 

 

普段通りの考え方、いつも物事を見ている見方。それは、普段通っているありきたりの通路のようなもので、特に必要性がなければ、また、興味がなければ、他の通路を通ろうとは思いませんよね。特に、駅のような場所は、必要なこと(電車に乗ること)をする場ですから、他のことを期待して利用していたわけではありませんので、電車にさえ乗れれば、目的が達成されますから、他の場所を覗こうとも思いませんでした。

 

 

 

でも、(昨日はたまたまでしたが)違う通路を通ってみたら、奥行きのあるとっても楽しい空間が広がっていて、新しいその空間を存分に楽しむことができて、これから、その駅を利用することがとっても楽しみになりました。

 

 

私たちの思考も、物事の見方も捉え方も、自分のパターンではなく、別の通路を歩くように、ちょっと違う考え方をしてみたり、別の見方をしてみたりしますと、新しい世界が待っていてくれるのかもしれません。

 

 

この通路しかない、つまり自分の考え方こそが正しいのだと思ったり、曲がり角の向こう側を覗かない、つまり、他の考え方を知ろうとしないことは、自分で自分の世界を狭めてしまっているのかもしれません。

 

 

 

世界はとっても広いのに、考え方は幾通りもあるのに、愛は無限の広がりを見せているのに、自分で自分の考え方を、世界を狭めていたら、なんてもったいないことでしょう。

 

 

 

そんなことをしみじみと思った昨日の出来事でした。そして、私自身、これからも、この地球の無限の広がりと、たくさんの喜怒哀楽の感情と、たくさんの愛を楽しんでいきたいと思いました。

 

 

 

みなさんも、機会があれば、ぜひ、いつもと違う道を通ったり、いつもは利用していないお店に行ってみたり、いつもは足も踏み入れない分野の世界を覗いてみたり。そんな風に、ご自分の枠の外にでるような行動をなされてみてくださいね!意外な世界が広がっているかもしれません。