読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

批判は飛躍的成長の種です

私は、ブログを書くことを立ち止まって、見つめ直そうと思ってから、驚いたことがあります。

 

 

 

それは、コメント欄やメールを通して、これまで以上にメッセージをいただくようになったことです。また、過去の記事を一部非公開にしたりしたのですが、その後も読者登録してくださる方がさらに増えました。

 

 

 

 

私は、自分のブログを振り返ったことで、気付けたこと数多くがありました。

 

 

 

 

そして、前にも書きましたが、今回、ツイン関連ブログや情報を、くまなく、隅から隅まで読んでみました。おそらく、ネット上に公開されているものは、ほとんど読んだと思います。ツイン関連著書も読みました。そして、これまで以上にたくさんのことが理解できました。それらは、これからのブログを通して、皆さんにお伝えしていきたいと思っております。

 

 

 

 

 

ブログやネットの情報を読む時に、また、それに限らずご自分を成長させようと思った時、今のご自分のことを考える時に、ぜひ皆さんに胸にとどめておいていただきたいことがあります。

 

 

 

 

それは、自分に対しての批判や反対意見、あまり信じたくない情報も、賛成意見と同じぐらい、直視する、ということです。

 

 

 

 

今回、分かったのですが、ツインレイ・ツインソウルに関しては、たくさんの批判意見、反対意見、そして、そもそもツインという概念は存在しない、という意見など、様々な情報がありました。

 

 

 

 

また、ツイン関連情報は、同じことに対して真逆な情報が公開されていたりと、対立的な意見もたくさんの読みました。

 

 

 

 

この時に、自分側の意見にだけ目を向けるよりも、批判、反対意見、のほうもしっかり目を向けますとね、かえって自分の全体像が見えてくるんです。

 

 

 

 

自分の耳に優しい言葉、自分の信じたい情報だけに目を向けますと、自分の考えが偏ってしまったり、自分の現実が直視できなくなったりしてしまいがちです。

 

 

 

 

私は、ツインに関しての批判意見も反対意見も、すべてじっくり読みました(それらについては、今後、このブログでも取り上げて、皆さんとご一緒に考えてみたいと思います)

 

 

 

 

そして、実はですね、批判や反対意見、というのは、自分とは別方向から物事を見ている、自分とは違う角度からの意見がある、ということですから、それを読ませていただきますと、素晴らしい恩恵があります。

 

 

 

 

自分の枠の外に出ることができるんです。

 

 

 

 

また、自分で勝手に作ってしまった自分の世界を広げることにも繋がります。

 

 

 

 

つまり、批判や反対意見は、飛躍的成長のための、素晴らしい種なのです。

 

 

 

 

それらを受け入れるかどうかは別にして、まずは、自分以外の人にはそのような意見もあるのだ、なぜその人はそんな批判をしているのだろう、と、ただ考えてみてください。

 

 

 

 

それを、善悪でジャッジしてしまわないことです。

 

 

 

 

そういう見方もあるのだな、と、ただ認めてみるのです。

 

 

 

 

それらは攻撃や否定ではなく。

 

 

 

 

自分ではない視点からの示唆を与えてくれる、多様性を教えてくれる先生、としてみてみるんです。

 

 

 

 

そうしますとね、何かを教えてくれる批判や反対意見に心からありがたく感じられます。

 

 

 

 

 

これは、ネットの情報だけではなく、人間関係も同じです。自分を拒絶する人、悪くいう人、うまくいかない人、批判する人。それらの人の声は、自分には見えていなかった世界を見せてくださる人なのです。こちらからみると、こんなふうにみえているよ、と、伝えてくれている人です。それは、あなたの世界を広げるために、です。

 

 

 

 

この宇宙は、このように、悪役に見えるような人を使者として、私たちに愛を気付かせてくれることがあります。

 

 

 

 

皆さんの嫌いな人、悩ませる人、頭にくる人、その人こそが、皆さんの魂を飛躍的に成長させる愛の人なのだとしたら。宇宙は意地悪ですよね(笑)

 

 

 

 

そうやって、この世界に、愛を散りばめているのが宇宙のなせるわざです。