ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

傷ついても転んでも、それこそが愛だった

 

かっこ悪いって、素敵だなって思います。

 

 

 

 

はぐらかさないって、美しいなって思います。

 

 

 

 

はぐらかさずに、真っ向から対話する。それも、練習です。

 

 

 

 

綺麗に事なきを得るよりも、泥くさくたって、ぶつかっていくほうがいい。

 

 

 

 

 

あの艶やかで凛とした蓮の花は、泥だらけの水に咲きます。

 

 

 

 

 

傷ついても転んでも、それは、いつかは、あなたにしか咲かせることのできない大輪のお花を咲かせるため。

 

 

 

 

 

転ぶことを経験したからこそ、目の前に広がる風景があります。それを見れたという経験が、宇宙からの愛なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

____________________________________

 

もし、彼がそばにいない時には、まずは、ご両親やご兄弟との対話を大切になされてください。

 

 

 

ご両親との対話において、大切なことをはぐらかさずに、あなたの本音を伝えてみてください。