ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

愛は自由なのだから

 

 

昨日の記事に、時代はものすごいスピードで流れている、そして、もう、嘘はつけなくなっている、と書きましたよね。

 

 

 

 

その続きを書きますね。今回は、相手がツインかどうか悩まれている方、相手からの愛が本当にあるのかどうか悩まれている方に向けて書きますね。

 

 

 

 

 

自分に嘘をつかない、というのは、つまり、皆さんは、心の中では、なんの制限もなく色んな気持ちを自由に感じても良い、ということなんです。

 

 

 

 

 

皆さんの中には、今、目の前にいる男性のことを長く愛してきたばかりに、その人を「愛さなくなること」に対して、恐れを感じたり、それをご自分にゆるせなくなったりしている方がいらっしゃるように思います。

 

 

 

 

 

その人を愛さなくなると、自分の中から愛がなくなったような気がしてしまい、何がなんでもその人を愛し抜こうとされている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

つまり、その相手を愛する、ということに縛られてしまい、そのお気持ちがいつしか、その男性だけを愛することが私という存在価値だ、と思ってしまっている、ということです。

 

 

 

 

 

皆さんが、その男性を愛するという自由があるのならば。

 

 

 

 

 

皆さんには、その男性をもう愛さないという自由だってあるのです。

 

 

 

 

 

そして、その男性をもう愛さないと決めることは、決して皆さんの不幸なことではありません。

 

 

 

 

 

むしろその逆で、いつもこのブログに書かせていただいていますように、その男性を愛さないと決めたということは、あなたが深く愛し、そしてその相手もあなたのことを真に愛するという男性に近づいた、ということなのです。

 

 

 

 

 

その男性を愛さなくなったからといって、皆さんの心から愛がなくなるわけではありません。

 

 

 

 

 

皆さんの愛は不動なのです。

 

 

 

 

 

相手は変わるかもしれません。ソウルメイト、ツインフレーム、ツインレイ、という出会いにおいては、それらは、すべて、宇宙の采配だからです。

 

 

 

 

 

 

真実の愛とは。

 

 

 

 

 

皆さんと目の前にいる男性の「間に」愛が存在しているのではなくて、愛が存在しているのは、皆さんの「内側に」存在しているのです。

 

 

 

 

 

 

だから、皆さんは堂々と、その男性を愛さないと決めたって良いのです。

 

 

 

 

 

もし、皆さんを大切にしてくれない、優しくしてくれない、女神のように丁寧に接してくれない男性だとしたら。それは、皆さんが、言葉にして、私はそんな愛では嫌なのだ、と伝えなければ相手には伝わりません。

 

 

 

 

 

そして、もしそれらを伝えてもそれが叶わないとすれば、その男性が運命の相手ではないかもしれない、もっと私のことを大切に深く愛してくれる男性がいるのかもしれない、と、柔軟に考えてみてください。

 

 

 

 

 

ここは、とても大切なのでもう一度書きます。

 

 

 

 

 

皆さんと目の前にいる男性の「間に」愛が存在しているのではなくて、愛が存在しているのは、皆さんの「内側に」存在しているのです。

 

 

 

 

 

皆さんは、その男性を愛することをやめても良いのです。皆さんの内側から美しくて純粋な愛がなくなるわけではないのですから。

 

 

 

 

 

 

愛はいつだって自由なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

必要な方にこのメッセージが届きますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

__________________________________

 

私のブログを読んでくださっている皆さんは、愛に熱心な方ばかりです。その懸命さと健気さに、私は、教わることばかりですし、感動を覚えることも多いです。

 

 

 

皆さんの愛のがんばりは、大いなる宇宙がそのすべてを見ています。皆さんのがんばりを、この宇宙は全部分かっています。

 

 

 

 

だから、他の誰かにすべてを理解してもらう必要はないのです。

 

 

 

 

 

どうぞ、ご自分でいつも前に進もうとされているご自分を、優しくたくさん抱きしめてあげてくださいね。

 

 

 

 

 

もうがんばらなくていい、あなたはあなたのままでいい、と、何度でも言ってあげてください。