ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

わたし=あなた、の意味

素晴らしい気付きのメッセージをいただきました。

 

========

 

私は、まさに彼でした。 同じだったんです。hanabiさんに教えて頂いたように、鏡そのものだったんです。

 

 

ここまで同じだったなんて、本当に驚いています。

 

 

彼と出会わなければ、自分のこんなに深い闇に気づくことは出来なかった。  

 

 

そう、2ヶ月ほど前、私は、溢れだす思いをコメントに書かせていただきました。 彼の闇が恐いと。 その闇が、私にもあるものなのかと。 hanabiさんは、私の闇と向き合うよう、やさしく導いてくださいましたね。 やっとわかりました。 

 

========

 

こちらの方からの質問は「なぜ彼はそんなにも闇が深いのか」というようなものでした。(言い回しは違うかもしれませんが、こんな様な内容でした)

 

 

 

つまり、目の前に映る現実の彼の闇を、彼がどうしたら解決できるか、というものでした。

 

 

 

 

 

そして、こちらの方は、わたしのメッセージを読んで、それを真剣に受け取ってくださって、彼のものだと思っていた闇と同等のものがご自分にあると気付かれました。素晴らしい気付きです。

 

 

 

 

 

皆さんも、彼に対して、彼の〇〇を直して欲しいとか、彼は〇〇すべきだとか、彼は〇〇という闇がある、などと考えることがあるとしますよね。

 

 

 

 

わたし=あなた、というのは、その彼に映っているものを、すべて、自分のもの、としてみることなんです。

 

 

 

私達は、他者のことを見る時に、この様に見ることに慣れていませんから、最初は、この様な考え方は分かりにくいかもしれません。

 

 

 

他者の悪いところは他者のもの、他者が直すべきところは他者が直すべきところ、と考えられがちです。

 

 

 

 

でも、わたし=あなた、というのは、彼に起きていること、彼のしていることを、完全に自分のものとしてみます。

 

 

 

 

これは、彼がしている悪いことの原因が皆さんにある、とか、彼が直すべきところがあるのは皆さんの責任だ、という意味で言っているのではありません。

 

 

 

 

自分を知るため、なんです。

 

 

 

 

 

例えば、私は「彼に」無視をされている、と思っているとします。

 

 

 

これは、

 

 

 

 

私は「私に」無視されている、ということです。

 

 

 

 

私は「彼に」ひどい行動をされた、とします。

 

 

 

 

これは、

 

 

 

 

私は「私に」ひどい行動をされた、ということとして考えるんです。

 

 

 

 

そこで、よく考えていただきたいんです。ご自分でご自分を無視していることはないか、ご自分でご自分に対してひどいことをしていないか、と。

 

 

 

 

自分で自分を無視するとは。例えば、本音を隠す、気持ちを抑圧する、他の人を優先する、自分だけが我慢する、などです。

 

 

 

自分にひどいことをするとは。ひどい環境にいるのに我慢する、嫌な仕事をストレスが大きいままずっと続ける、嫌なことをされているのをそのままにしている、などです。

 

 

 

 

 

 

この様に、彼に映る行動や彼に対して思うことのすべてを自分に当てはめて、じっくり考えますとね、実は、わたし=彼、ということが分かってくるんです。

 

 

 

これは、このメッセージをくたさった方のように、かなりじっくりと自分と対峙しないと分かりにくいです。この方も、最初は、まさか彼と同等の闇が自分にあるなんて、まったく思われていませんでした。

 

 

 

 

 

でも、実は、これが真実なんです。彼の姿というのは、あなた自身がそのまま映っているんです。

 

 

 

 

そんなことはない、と思われる方がほとんどです。でも、ここで、そんなことはない、と思いますとね、自分の姿が見えにくいです。

 

 

 

 

彼が見せている嫌なところ、直すべきところと皆さんが思うところを、その主語を全部、自分、に置き換えて考えてみてください。そうは思えなくても、一度、信じて、そう思ってやってみてください。

 

 

 

 

ツインのステージでいわれている、わたし=あなた、は、こういう意味です。

 

 

 

 

そして、これは、悪いことのほうだけではなく、良い面も同じなんですよ。

 

 

 

彼が素晴らしいと思うところ。それは、皆さんの素晴らしさです。

 

 

 

 

彼の〇〇はカッコよすぎる、とか、彼の〇〇は誰にも負けないぐらい輝いている、とか、それも、皆さん自身が持つ、素敵なところ、よいところ、輝いている面、なんです。

 

 

 

 

私達は、この世でたった一人、自分の姿だけは見ることができません。ですから、こんな風に、彼を通して、私達の姿を気付かせてくれているのです。

 

 

 

 

今、彼に対して思うことを、すべて、自分に置き換えてみてください。そして、じっくりとご自分と対峙なされてくださいね。

 

 

 

 

 

メッセージをくださったあなたへ。彼の闇と同等の闇があった、と感じて、ご自分の闇と向き合うと決められて素晴らしいです。それが、がんばらない生き方のための最後のがんばりです。自分軸になるための着実な成長になりますので、どうぞ焦らずにお進みくださいね。メッセージありがとうございました。