ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

相手を大切にすること。自分を大切にすること

ご質問におこたえいたします。

 

========

 

今は、人にはいろんな状態のときがあるから、私も彼もそのときは精一杯でひどいことをしざるを得ない状況だったのかも知れない、と思ってる状態です。

 

 

お聞きしたいのが、自分を傷つける人をこんな風に理解しようとしたり許したり好きでいること、受け入れることは、自分を大切にしていないということにならないのか?ということです。

 

 

私が私を大切にすることと、彼のひどい態度も含めたそのままの彼を愛し大切に思うことは両立するのでしょうか?それでももう自分が彼を大切に思ってしまってるのだったら変えようがないのですが…

 

 

いつかhanabiさんのお考えを聞けたら嬉しいです。

 

========

 

自分を愛する、ということについてのご質問ですね。

 

 

 

「私が私を大切にすることと、彼のひどい態度も含めたそのままの彼を愛し大切に思うことは両立するのでしょうか?」

 

 

 

 

まず、彼の態度をひどいと思う時。

 

 

 

その時に、もし、そのことを彼に伝えずに、それでもそのまま彼を愛する、とすれば、それは、ご自分を大切にしていない、ということです。

 

 

 

 

もしくは、伝えられない状況の時は、相手に伝えないとしても、ひどい!という気持ちを隠したり偽ったりしていたら、それはご自分を大切にできていません。

 

 

 

 

なぜならば、あなたは、彼は「ひどい」と思っている事実がまずありますよね。

 

 

 

それを「我慢」したり「自分の気持ちを彼に言わない」「それでも彼をゆるす」とすれば、「ひどい」と思っているあなた自身のことを無視して大切にしていないことになります。あなたの気持ちを無視してまでも、彼の方を優先していることになります。

 

 

 

 

ここで、あなたができることは、彼を真に愛しているのであれば、まずは、あなたの本音を、ちゃんとすべてあなたが感じてあげることです。怒り、ムカつくこと、腹ただしいこと、ゆるせない、など、全部、ちゃんと感じてあげるんです。

 

 

 

そして、もし、相手に伝えられる状況ならば、それをちゃんと相手に伝えることです。相手を大切に思うからこそ、自分の本音を伝えるんです。

 

 

 

 

わたしは辛いんだよ、あなたがそんなひどいことをすると、私は苦しいんだよ、って伝えることが、あなたがまずはあなた自身を大切にすることです。ちゃんと自分のお気持ちに素直になって、それを認めてあげるんですね。

 

 

 

 

そして、それを彼に伝える時に、あなたの「ありのままの本音」をちゃんと伝えるんです。

 

 

 

 

それは、ただ、ひどいことをやめて、というだけではなくて、あなたが〇〇すると、私はこんな風に感じるんですよ、どうしてそんなことするの?私はやめてほしい、と、お気持ちを1つ1つ丁寧に伝えるんですね。

 

 

 

一方的に怒りや文句として伝えるのではなく、「お互いのコミュニケーションとして、理解し合う」という態度が大切です。

 

 

 

男性は、女性の感情に気付きにくいです。女性ほど、感受性が豊かではないので、女性のように「相手を察する」「相手は〇〇だろうなと予想する」ことがほとんどできません。

 

 

 

でも、女性は察したり相手の気持ちをイメージすることに慣れていますから、男性もそうだと思ってしまうところがあります。

 

 

 

でも、男性は女性の気持ちは、ちゃんと伝えないと分からないのです。

 

 

 

 

ですから、男性は、女性が感じるそのひどいことを、そこまで相手を傷つけているとは知らずに行なっていることも多いんです。

 

 

 

 

ですから、あなたの本当の気持ちは、あなたが伝えるまで、相手には伝わりません。あなたが、彼のことを真に愛しているのだとすれば、あなたの本音を言葉にして伝えてください。

 

 

 

 

あなたが本音を言わなければ、彼にとっても学びや成長になりません。あなたにひどいことをしても、あなたが何も言わなかったり、ただ認めたり我慢してますとね、そこから彼は何も感じたり、受け取ったりすることができないんです。

 

 

 

あなたが怒ったことを伝えたり、本音を冷静に伝えることで、それは彼にとっても気付きになったり、あなたを知ることになります。

 

 

 

あなたが抑圧してご自分を大切にできないとすれば、それは、相手のことも真に大切にできないんです。なぜならば、人は、自分に対してできないことは相手にもできないからなんです。

 

 

 

 

本音を言わないことが、本当に相手のためになっていますでしょうか。

 

 

 

 

自分の気持ちを偽って、すべてをゆるして、それで相手は本当に、心からそのことを喜びますでしょうか。

 

 

 

 

自分に我慢したり、気持ちを抑圧している状態では、真に彼を愛せません。なぜなら、我慢や抑圧しているということは、あなたの本音は辛い、ということですから、その辛さや悲しみを隠して愛している、というのは、真に愛しているとは言えないのです。

 

 

 

 

深く愛しているのならば、本音を伝えてください。ご自分のお気持ちを偽らないでください。

 

 

 

 

離れていて相手に直接伝えられない状況の場合は、まずは、すべて、彼のひどさに対するお気持ちを、ありのままに嘘偽りなく感じきってあげてください。それが、ご自分を大切にする、ということです。

 

 

 

 

彼を真に大切にしたいのならば、まずは、とことんご自分のことを大切にすることがスタートです。

 

 

 

どうぞ、悲しんでいるご自分を認めて、ちゃんと感じて、ご自分を認めて、そんな悲しんでいるご自分を、まずはあなたが存分に愛してあげてください。ご質問ありがとうございました。