読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

ツインレイ 自分達で決めてきた2

[自分達で決めてきた]

www.twinrayhanabi.com

 

 

 

こうして、宇宙に暮らしていた、ひとつだったツインの魂は、2つの魂に分かれて、地球への旅へと、出発することを決めました。

 

 

 

 居心地の良い、幸せだったひとつだった魂から、あえて、別々の人間になることを選び、お互いに、地球という星で、「愛する」という行為を経験することを誓い合いました。

 

 

 

そして、「愛する」を深く味わうために、一度、その反対側にある「愛し合わない」を経験することも理解し合いました。その間中、お互いに、どんなことがあっても、どんなに離ればなれになっても、魂の声に従って「信じあう」ことを固く約束し、こうしてひとつだった魂が、2つの魂に別れる日がやってきました。

 

 

 

 

そんな2人は、神様に、あることを問われました。

 

 

 

「あなたたちが、地球で再会して、2人は、再び会えた喜びに歓喜することでしょう」

 

 

 

「でも、その喜びもつかの間、2人が自分達で決意したように、再会の直後に、「愛し合わない」を経験するために、すぐに離れ離れにならなくてはなりません」

 

 

 

「その時は、あなたのどちらかが、ランナーとなって、目の前から去っていく役割を演じます。そして、残された方のどちらかが、チェイサーとなって、ランナーから突然拒絶され、そのランナーを追いかける役割を演じます。」

 

 

 

ひとつだった魂は、話し合いました。どちらがランナーになって、どちらかがチェイサーになる、と決めなければならないのです。

 

 

 

もともと、お互いに離れたくない2人は、どれだけ話し合っても、決めることができませんでした。

 

 

 

そして、とうとう決められずに、神様に聞いてみました。

 

 

 

「ランナーとチェイサーは、どちらのほうが辛くて苦しいの?」

 

 

 

神様は言いました。

 

 

 

「お互いに、ようやく再会できたのに、すぐに離れ離れになるのは、2人とも、胸が引き裂かれるほどの痛みを味わいます」

 

 

 

「その時に、ランナーもチェイサーも、同じぐらいに苦しみますが、より辛くて苦しいのは、ランナーツイン、の役割のほうです」

 

 

 

「なぜならば、チェイサーツインの苦しみは、唐突にやってきます。チェイサーツインは、離れ離れになることを知らず、突然、別離が訪れるのです。確かに、その直後は、驚き、嘆き苦しみますが、その、唐突に訪れた別離は、神様がしくんだことだったと途中から理解して、それを受け入れて、段々と胸の痛みがやわらいでいきます」

 

 

 

「しかし、ランナーツインは、狂おしいほど愛するチェイサーとずっと愛し合っていたいにも関わらず、自分のその意思に逆らって、自分で別れを決意して、自分からその場を立ち去らなければならないのです」

 

 

 

「そして、どんなに離れても、どんなに遠くに立ち去っても、チェイサーのことを忘れることは決してできずに、毎日のように想い出し、愛おしく思い、苦しみの中で生きていなければならないのです。」

 

 

 

「そのとき、魂の成長のために、人間としてやるべきこと、直面しなければならない課題も与えられ、毎日忘れられないにも関わらず、すぐにはチェイサーのもとには戻れない。愛しているのに自分からは会いに行けないという葛藤に、再会するまでずっと苦しんでいなければなりません。苦しい期間が長いのはランナーであり、痛みが強いのもランナーです。」

 

 

 

 

 

 

 

そのとき、片方の魂が力を込めて言いました。

 

 

 

 

 

 

 

「それならば、僕がランナーを引き受ける」

 

 

 

 

 

 

「嫌です。私がランナーになります。愛するあなたにそんなに苦しい思いをさせたくありません」

 

 

 

 

 

「僕は大丈夫。そして、僕こそ、愛する君に、そんなに苦しい思いを絶対にさせたくない。僕はどんな痛みに耐えられるし、どんなに辛くても、心の中で、今まで育んだ君との愛を思い出して乗り越える。なんとしてでも、どんなに苦しんでも、弱音をはかずに、再会の日まで我慢し続ける」

 

 

 

「だから、僕がランナーで君がチェイサー。それでいいね?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうしてひとつだった魂は、雲の上で、どちらがランナーとチェイサーになるかという決め事をして、ついに、2つに分かれました。ツインとツイン、になり、生まれて初めて、お互いに、お互いを別の存在として認識しました。

 

 

 

 

 

ランナーツインが言いました。

 

 

 

 

 

「地球で再会したその時に、お互いにツインだと確かめ合えるように、なにか印をつけておこう」

 

 

 

「そうしましょう!」

 

 

 

 

 

 

こうして、ツインたちは、手や爪を似せたり、体のどこかに同じ傷をつくったり、同じような仕事を選ぶことにしたり、同じ趣味や特技にしたり、誕生日を同じにしたり、名前の一部を一緒にしたり・・・・・・

 

 

 

それをした直後に、2つの魂は、ついに男と女となって、地球上のそれぞれの地で、産声を上げたのでした。

 

 

 

 

 

 

そして、全く別の日に生まれ、別の地に育ち、別の道で生きてきたにも関わらず、ある日、二つの魂が交差して、奇跡的に「あの日あの時あの場所で」再会を果たしたのでした。

 

 

 

 

 

すべて、自分達で決めてきたこと。

 

 

 

 

ただ、愛し合うためだけに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(現在、セッションの受付を休止させていただいております)

 

 

[人気記事です] 

www.twinrayhanabi.com

  

 

twinray-hanabi.hatenablog.com

 

 

 

***************

愛の風に乗って

メッセージが必要な方に届きますように

 

(ランキングに参加しております)

*************** 

にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村