ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

「掃除をしてスッキリすると、正体不明の罪悪感がなくなり自分でいられます」

 

 

お掃除のお陰で罪悪感がなくなったとのコメントをいただきました。良かったですね!

 

 

 

やはり、心の状態と身の回りの整理整頓は、こうして繋がっているものなのです。

 

 

 

========

 

私は今日、冷蔵庫の中の掃除をしました(ФωФ)

 

 

 

掃除をしてスッキリすると、正体不明の罪悪感がなくなり自分でいられます。

 

 

 

 

昨日は友達とその子供とお買い物へ。 私が嫌なことは『イヤ』といったら(←おとなげない)、泣くし、わめくし! でもなついてくれるし好かれるし。

 

 

 

 

みんな子供の頃はこうだったんだよな。 私が本音を言って相手が嫌な思いしても、あとどうするかは相手次第。相手の問題。 相手が大人だろうが子供だろうが、私は本音で生きる!(←おとなげない)

 

 

========

 

罪悪感を感じなくなれば、相手に本音を伝えることができるようになりますよね。

 

 

 

自分の本音を話したことで、その子供さんは泣いてもわめいても、あなたになついているというのは、あなたの言葉や態度だけではなくて、「あなたという存在」そのものが好きだ、ということです。

 

 

 

 

 

愛が存在する、というのは、自分の言葉や態度で変わるものではありません。だから、皆さんは、ありのままの自分でいて大丈夫なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本音を話す、ということを続けていくと、その、本音の話し方も変わってきます。

 

 

 

 

自分が本音を話せるようになればなるほど、気付かされることがあります。

 

 

 

 

自分と同じように、相手にも相手の本音があるのだ、そして、自分の本音が大切なことと同じように、相手の本音も大切なのだ、ということにです。

 

 

 

 

ですから、本音を言うたびに、「自分の本音を伝える」いうことから「自分と相手の本音を伝え合う」という風に、姿を変えていきます。

 

 

 

 

そのためにも、今回、書いてくださいましたように、まずは、自分が本音を隠さずに言えるようになる、というところからのスタートです!

 

 

 

 

 

素敵なメッセージをありがとうございました。おとなげないあなたも、その子供みたいなおとなげなさがとっても可愛いですよ!