ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

愛は分離していません

愛、というのは、分離していません。そして、制限もありません。

 

 

分離していない、というのは、私たち人間は、誰もが繋がり合っている(これが、ワンネスですよね)、そして、自然と人とも繋がり合っている、ということです。

 

 

愛が分離していないのですから、彼に対しての愛と、今、目の前にいる人への愛、というのは、実は、目には見えなくても、ちゃんと繋がり合っているんです。

 

 

例えば、彼のことを深く愛している。けれども、職場で嫌な人がいてその人に嫌な態度をとってしまう、ということにはならないんです。

 

 

もし、職場で嫌な態度をとってしまう相手がいるとすれば、まずは、彼に対して愛を示すよりも、その、嫌な相手に対して愛そのものとして接することができるようになることが、真実への愛へと繋がっていきます。

 

 

例えば、家族に対して。もし、家族に対して心を開けない、本音をいえない、関係性を上手く築けていない、という場合。それは、まずは、身近にいる人との関係性を良くすることが、彼との愛にも繋がっているんです。彼とは深く愛し合えて、身近な人とは仲が冷えている、ということにはならないんです。

 

 

 

今、彼と会わない期間にいらっしゃる方は、どうぞ、彼に対してではなく、身近にいる人への愛を実践してみてください。家族、仕事仲間、友達、親戚、両親、兄弟・・・・・。

 

 

また、例えばコンビニの店員さん、レストランのウエイターさん、百貨店のスタッフの方、電車の車掌さん・・・・・そういう方に、愛を持って接してみてください。

 

 

愛は分離がありませんから、身近な愛が積もり積もって、真実の愛を築いてきます。

 

 

 

そして、やはり、最も身近にいる人、つまり、自分自身を最大に愛してあげてくださいね。