ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

★ご質問より「ツインの出会いで辛くないケースを教えてください」

 

ご質問をいただきました。

 

 

========

 

hanabiさん、いつも愛があふれるブログを読ませていただき感謝しています。 ありがとうございます。

 

 

もしよろしければ、ツインに出会っていても辛かったり苦しかったり寂しかったり・・・ という状況がなく、お互いがお互いの存在のおかげで魂レベルで助けられ共に成長していくケースには、どんな特徴があるのかなども教えていただけると嬉しいです。 そんな記事も楽しみにしています! 

 

========

 

ツインとの関係性と言いますと、辛くて苦しいようなイメージを持たれている方が多いような印象を受けますが、辛くて苦しい時期を経ないツインもいらっしゃいます。

 

 

 

 

それは、お2人が出会うまでの人生において、お互いに様々な経験をし、それぞれ学びを深めてから出会うケースです。

 

 

 

 

魂の成長が進んだ状態、つまり、お互いに愛について理解が進んでいる中で出会いますと、最初から、苦労や辛さがない関係性を築くことができます。

 

 

 

 

それは、お仕事のパートナーであったり、共通の趣味や特技などを通して出会うことが多いです。もしくは、出会ってから、仕事が似ていたり、趣味や特技が似ている、ということが分かった、ということもあると思います。

 

 

 

 

 

この場合は、相手に対する深い信頼の中で、お互いに、お互いが成長出来るようなアドバイスをし合ったり、お互いインスピレーションを与え合うような関係性になります。

 

 

 

 

相手と似ている部分がありながらも、自分とは違う考え方やセンスによって、お互いに相手にないものを伝え合えるので、補完し合うようなパートナーになることが多いです。

 

 

 

 

 

ツインのステージ=辛い、ではない、ということを、皆さんにご理解いただきたいと思います。もちろん、分離期間中は辛くて胸が引き裂かれそうなこともあります。ですから、辛いこともあるという理解は、励みになったり、みんな同じ思いをしているのだという安心感に繋がることも大いにあると思います。

 

 

 

 

 

しかし、分離期間の苦しさは、最初の数ヶ月であることがほとんどです。その後は、痛みや辛さよりも、お互いにどんなに離れていても、真実の愛に一歩ずつ近づいていきますので、出会った頃よりも心穏やかで、軽やかな自分になっていきます。

 

 

 

 

 

ツインは辛いのが当たり前、のように思ってしまいますと、その状況から抜け出さないことも当たり前と思われてしまうところがあり、長期間辛さが続いてしまう場合があります。

 

 

 

 

 

ツインとの関係性といいますのは、真実の愛の関係性ですから、柔らかで穏やかで、心地の良い関係性に向かって進んでいきます。

 

 

 

 

 

最初から辛さがないという場合もあるということを、ご理解くださいね(つまり、現在、お相手の方に出会っていない、もしくは、考えていた相手がツインではないと分かったという場合でも、今、皆さんが学び、成長するということは、必ず、本物のツインに出会った時に、繋がっていくものである、ということです。

 

 

 

 

ご質問をありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

__________________________________

 

もし、長期間辛いままである、長期間何も変わらず苦しい、という場合は、学びの方向性や、取り組む内容が、その方に適していない、ということがあります。

 

 

 

 

もう一度お伝えしたいと思いますが、ツインのステージの分離の痛みや苦しさは、最初の数ヶ月であることが多く、ステージが進むにつれて、心が解放され、とても穏やかな気持ちになっていきます。(これは、他のツイン情報にも説明されていると思います)

 

 

 

 

例えば、ヒーリング、ということ一つにしても、合う方と合わない方がいる、ということです。また、その方に合うヒーリングも、人によって様々なので、誰かに効果があっても、他の方には効果が薄い、ということもよく起きることです。

 

 

 

 

長期間、変化が見られない方は、ご自分が取り組んでいる内容がご自分に適しているのか、見つめ直す機会をもうけてみてください。

 

 

 

 

 

私のセッションでは、その方の状況や、現在地を教えていただき、お一人おひとりに、今、必要なメッセージをお届けする、という内容になります。