ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

愛は細部に宿る

 

大きな大きな塊の愛を、仮に、パズルのピースみたいに、小さく、細かく砕いてみましょう。

 

 

 

 

小さく砕かれたものは、何でできていますでしょうか。

 

 

 

 

 

もちろん、愛ですよね。

 

 

 

 

なぜならばら大きな愛の塊を砕いたのですから、どんなに小さくなったとしても、それらのすべては、一つ一つ、1ピース1ピース、一粒一粒が愛ですよね。

 

 

 

 

ということはつまり、偉大な愛とか、究極の愛と呼ばれるものも、小さな小さな愛の寄せ集めです。

 

 

 

 

 

今、私たちにできることは、自分の身近にある日常生活の一つ一つ、1ピース1ピース、一粒一粒を、愛で満たすことです。

 

 

 

 

目の前にある現実の中で、今、自分にできる愛の行動を、誰が見ていなくても、地道に続けることです。

 

 

 

 

 

どんな大海も、一滴一滴の水滴の集まりです。

 

 

 

 

 

愛の一滴を、身近な人へ。

 

 

 

 

愛の一滴を、目の前の日常で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

__________________________________

 

これが、身近に愛と思えないようなことがあるのに、ツインとだけは理想通りの愛を育める、とはならない理由です。

 

 

 

 

目には見えなくても、すべての愛は繋がりあっているからです。また、どんな愛も、その細部はやはり愛でできているのですから、愛に思えないような現実がある場合、その総体としては愛とは呼べません。

 

 

 

 

 

ということは、今、目の前の現実を、行動として愛で満たしていくことが、ツインへの愛にも確実に繋がっていくのです。

 

 

 

 

 

冬至の今日から、また新たな気持ちで女神のメガネをかけて、日常の生活を、丁寧に過ごしてまいりましょうね。