ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

ツインのステージとは、愛のメガネを手に入れること

 

相手とのことで辛いときや悲しいとき。人は、その現実が変われば、私は満たされるし悲しくなくなる、と捉える傾向があります。

 

 

 

 

もし、そうだとすれば。私たちは、その現実が変わるまで、つまり、相手が変わってくれるまで、満たされない、ということになります。

 

 

 

 

 

 

そうではないのです。もし、そうだとすれば、自分の幸せは相手が決めている、ということになりますよね。

 

 

 

 

 

そうではなくて、相手の態度がどうであれ、自分のメガネさえ変われば、悲しい現実も、愛の現実として、見ることができるようになります。

 

 

 

 

愛のメガネ、について、様々なご感想やご質問をいただいております。とても嬉しく思います。つまり、皆さんは、ご自分が否定のメガネをかけてしまっていることや、これから愛のメガネをかければ幸せになれるということが、もう分かっているんですね。

 

 

 

 

 

これから、より、詳しく、否定のメガネと愛のメガネについて、お伝えしていきたいな、と思います。ご質問があれば書き込んでくださいね。

 

 

 

 

 

その前提として、皆さんにお伝えしたいことがあります。

 

 

 

 

どんな出来事も、どんなに相手からされてしまった嫌なことでも、それは、否定のメガネで見るのか、愛のメガネで見るのか、によって、目の前の現実そのものが変わるのです。

 

 

 

 

ということは、あなたがどんなに傷ついたと思ってしまった出来事でも、それは、相手がそうしたわけではなくて、皆さんがそう受け取った、ということなんです。

 

 

 

 

もちろん、どう考えても、相手がひどかった、相手が自分に対してありえないような行動をした、ということもあるでしょう。

 

 

 

 

それは、彼が悪くなかった、そう受けとめた皆さんが悪い、という意味ではありません。

 

 

 

 

その、相手からの否定的な言動でさえ、愛のメガネで見ることができれば、優しく受けとめられる、ということなんです。それも、むりやりそう思い込むというわけではなくて、自然にそうなれます。

 

 

 

 

 

例えば、私のブログに批判のコメントが届いたとします。

 

 

 

 

 

 

否定のメガネで眺めます。「こんな批判をするなんて、やめてほしい」「批判されるような記事を書いてしまった私はダメなのかな。。。」となります。

 

 

 

 

 

同じコメントを、愛のメガネで眺めます。

 

 

 

 

 

「こんな素敵な記事を書いている私に批判のコメントを書くなんて、ちゃんと真意が伝わっていないのだな」「私の記事が、分かりにくいところもあるのだろうな。書き方を少し変えてみよう。そういう視点をくださってありがとう」「自分の貴重な時間を割いてまで、批判コメントを書いてくれるなんて、ありがたいな。可愛い方だな」

 

 

 

 

となります。これは、私が私自身を、愛そのものだと知っているので、私を傷つけたくて批判する人なんていない、と分かっているからなんです。

 

 

 

 

 

そして、批判されても、的を得たアドバイスは受け入れます。なるほど、そういう見方もあるのだな、と。否定のメガネで見ていないので、こうして、一切傷つくことなく、ありがたく受けとめられるのです。

 

 

 

 

 

 

目の前の現実は、皆さんが決められるのです。

 

 

 

 

 

 

これは、ものすごく素晴らしいことなんですよ!

 

 

 

 

だって、皆さんのお相手が、皆さんのことを傷つけたくてそうしたのではない、と理解できるからです。

 

 

 

 

そして、いかなる現実が起きたとしても、愛のメガネさえかけていれば、その現実を、いかようにも喜びに変えられるからです。未来に起きることが、怖くなくなるのです。

 

 

 

 

 

ツインレイのステージとは、相手を、現実を、愛のメガネで見て、愛のメガネで行動して、愛のメガネが自分にとってごく当たり前になる。そのためのステージです。

 

 

 

 

 

そして、もちろん、皆さんは、相手のことだけではなくて、自分自身のことも愛のメガネで見れるようになります。それに慣れますと、それが当たり前になります。

 

 

 

 

 

そんな愛のメガネについて、これから詳しくお伝えしてまいりますね。楽しみにしていてください。

 

 

 

 

 

 

 

__________________

 

 

皆さんは、普段、他にどんなメガネをかけていますでしょうか?

 

 

 

いつも私が悪いメガネ

私は嫌われたくないメガネ

私が我慢すべきメガネ

私は本音を言うべきではないメガネ

私は受け入れてもらえないメガネ

 

 

 

 

 

こんなメガネをかけてはいませんでしょうか。

 

 

 

 

 

もし、これらが変わったら?

 

 

 

 

私は悪くないメガネ
私は嫌われないメガネ
私は我慢しなくて良いメガネ
私は本音を言っても良いメガネ
私はどんな時も受け入れてもらえるメガネ

 

 

 

 

こんなメガネで生活できたら、素敵ですね!これが、私がいつもかけている愛のメガネです。だから私は、ドジでも、うまくできないことがあっても、いつも心穏やかに心地よく暮らせています。

 

 

 

 

 

そして、自分がそのメガネをかけますとね。

 

 

 

 

 

相手も悪くないメガネ

(相手には何かしら事情があるのだろう)

 

 

 

 


相手も嫌わないメガネ

(相手の事情が分かるので嫌いになりません)

 

 

 

 


相手も我慢しなくて良いメガネ

(相手のありのままをゆるせます)

 

 

 

 

 

相手も本音を言っても良いメガネ

(相手も本音を言えるので対話が生まれます)

 

 

 

 


相手もどんな時も受け入れてもらえるメガネ

(相手を変えなくてもありのままを愛せます)

 

 

 

 

 

となります。

 

 

 

 

 

 

愛のメガネ………………素晴らしいことだらけなりますね!