ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

愛のメガネからみる現実

 

 

愛のメガネで見る、というのは、起きてしまった嫌な出来事を、むりやり愛としてとらえる、強引に肯定的に考える、ということではありません。

 

 

 

 

自分という存在が100%愛の存在である、という前提のもと、そのメガネで物事を眺めてみる、ということです。

 

 

 

 

 

例えば、誰かにすれ違いざまに無視された、という出来事があったとします。

 

 

 

 

 

否定のメガネで眺めたら。自分という存在は、否定され得る存在なので、やはり、あの人も私のことを無視したのだ、となります。

 

 

 

 

 

愛のメガネで眺めたら。自分という存在は愛そのものであり愛される価値があるので、あの人が私を無視するなんて、そんなことが起きるはずがない。無視したのではなくて、何か別のことでも考えていたのだろうな、となります。

 

 

 

 

 

全く同じ現実が起きたとしても、かけているメガネによって、その人にとっての現実ができあがっています。

 

 

 

 

 

つまり、目の前の現実とは、実は、メガネ次第でいかようにも変化するものなのです。

 

 

 

 

 

私は愛そのものなのだ、という愛のメガネで、彼との出来事も捉えてみてください。きっと、過去のこと、現在のこと、見え方が違ってくるでしょう。

 

 

 

 

 

メガネを変えるのは、誰の許可もいりません。自分で変えるのだ、と決めれば良いだけです。

 

 

 

 

 

愛のメガネで眺めることも練習です。ぜひ、愛のメガネから行動されてみてください。