ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

「自由に遊んだり好きなように過ごしてもありのままの姿で愛されている」

 

 

自己変容プログラムを終了された方から、心温まるメッセージが届きました。

 

 

========

 

こんばんは hanabiさん 

 

 

 

素敵なメッセージをありがとうございました。
返信が遅くなり、申し訳ありません。hanabiさんとのメールがこれで終わってしまうかと思うと、とても寂しくてなんだか離れがたくて、駄々をこねていました。お礼をどう伝えたら……とずっと考えていました。

 

 

 


hanabiさんのお言葉通りに、鳥かごから出ようとせずに小さな世界の中しか知らずにいました。扉も開いていたし飛び回っても、またかごで休んでも良かった のに……自由に遊んだり好きなように過ごしてもありのままの姿で愛されている(長い間、インコを娘のように飼っていたのでしみじみ解りました。)

 

 

 

 

うまくいかない事があっても、私はそこから気付き学び、私を信じて生きていく拠り所をみつけましたよ。

 

 

  

 

hanabiさんとのこのメールは、かけがえのない出逢いでお言葉の1つ1つを忘れずに抱きしめて大切にしていきます。そして、hanabiさんに一緒に喜んで頂けるような私で沢山の報告ができるように生きていきます。次は直接hanabiさんとお話できる私になる!を更なる楽しみにしました。

 

 

 

 

hanabiさんとのセッションが、hanabiさんがいて下さったからこその今の私です。宇宙からの愛を解りやすく、何度も何度も何度も伝えて下さり心より感謝を申し上げます。hanabiさんが私の魂の御姉様です。hanabiさんから教えて頂いた愛を、そしてこれからも沢山の愛とお導きを羅針盤にして参ります。

 

 

 

勿体ない程のお心遣いとお手間と大切な時間を、ありがとうございました。hanabiさんが更なる女神の中の女神として輝き続けられますことを、強く信じております。

 

 


私 大丈夫です。

 

========

 

 

お申し込み当初は、お相手の男性のことについてとっても悩んでいらっしゃった方でしたが、こんなにも変容なされて、私もとても嬉しいです。

 

 

 

 

 

自分の世界を広げるのか。それとも、自分の決めてしまった小さな世界の中だけで過ごすのか。

 

 

 

 

それを決めるのは、皆さん自身です。

 

 

 

 

この、世界を広げる、というのは、どこか遠くに行くとか、様々な新しい経験をするとか、そういうことではなく。

 

 

 

 

心の世界を広げる

 

 

 

 

ということです。

 

 

 

 

目の前にどんな現実があっても、ご自分の心という世界が広ければ、その現実を受容し、ゆるし、愛を持って受けとめることができます。

 

 

 

 

逆に、目の前にどんな幸せがあったとしても、ご自分の心という世界が狭ければ、その世界の外側にある幸せについては、幸せだと受けとめることができないのです。

 

 

 

 

 

ですから、目の前の現実は、今すぐに変えなくても。変わらなくても。

 

 

 

 

 

皆さんの心の世界が広がるだけで、見える世界が180度変わります。

 

 

 

 

 

 

自由に遊んだり好きなように過ごしてもありのままの姿で愛されている

 

 

 

これが、女神の姿です。

 

 

 

 

 

女神がやるべきこと。

 

 

 

 

それは、女神である皆さんが心地よく過ごし、いつも朗らかな笑顔でいることです。

 

 

 

 

 

なぜならば、女神の笑顔は、目の前の人の世界を照らす力のある、唯一無二の笑顔だからです。

 

 

 

 

愛に満ち溢れる、可愛い女神のあなたからのメッセージ、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

_________________________

 

同じ方が、ステキな曲をご紹介してくださいましたので、ぜひ、皆さんにお聞きいただきたいです!私は、この中でも、約束の翼、というメロディがとても心に残りました。

 

 

 

 

 

 

 

お礼の言葉の代わりに、私の大好きな『歌』をhanabiさんに贈ります。

 

 

『いのちの唄』
『shine』(石嶺聡子)

 

 


下記の2曲は私が過去に号泣した歌です。
『約束の翼』(MISIA)
『Se piangi seridi』(イタリアの歌ですが、安井かずみさんの和訳がハートを居抜きます)