ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

怒ってもいいし泣いてもいい

 

 

自分を愛するというのは、自分をゆるすということです。

 

 

 

 

この時に、ゆるすということが、「どんな嫌なことがあっても相手のことを無条件にゆるすこと」と、勘違いされやすいです。

 

 

 

 

確かに、相手に何をされてもゆるす、という境地もあるのですが、それは、山登りで言えば、頂上間近なところに至った時に、それなれる自分に出会えます。

 

 

 

 

 

では、山登りの最中に、ゆるす、というのは、どのようなことなのでしょうか。

 

 

 

 

それは、これまでもお伝えしてきたように、相手をゆるす前に、自分をゆるす、ということができて初めて、相手を真にゆるすことができるようになります。

 

 

 

 

では、自分をゆるす、というのは、どんなことなのかをお伝えいたしますね。

 

 

 

 

 

自分をゆるすというのは、自分の過去の出来事や、思い出したくないような過去の自分の振る舞いなどを、嫌ってしまうのではなく、それを、あなただけは無条件に認めてあげる、ということです。

 

 

 

 

そして、もう一つ。

 

 

 

 

たった今現在のあなたが、どんなことを考え、どんなことを感じることも、ゆるしてあげる、ということです。

 

 

 

 

相手の男性に対して、その男性の行動や言葉をゆるすのではなくて。

 

 

 

 

それに対して、あなた自身がどんなことを感じることもゆるしてあげる、ということです。

 

 

 

 

 

相手に怒ること

頭にくること

イライラすること

文句を言うこと

 

 

 

期待すること

求めること

欲すること

願うこと

甘えたくなること

支えて欲しいと思うこと

寂しいと思うこと

 

 

 

失望すること

がっかりすること

怒鳴りたくなること

 

 

 

 

 

このような、ありとあらゆる自分の姿を、ゆるし、そう感じるご自分を受け入れてあげることです。

 

 

 

 

 

そう感じても大丈夫だよ、そのまま感じていていいよ、と、何度でもご自分に言ってあげてください。

 

 

 

 

それが、ご自分をゆるす、ということです。

 

 

 

 

 

そうやって、ご自分のありとあらゆる感情やお気持ちをゆるせますとね、心に我慢や抑圧の壁がなくなりますから、それをたとえ相手に伝えることがなくても、心はどんどん軽やかになっていきます。

 

 

 

 

 

その逆に、たとえ相手に何かを伝えられる関係性にあったとしても、それが本音でなければ、心は重苦しいままになってしまいます。

 

 

 

 

 

ご自分のどんなお気持ちをゆるし、ありとあらゆるご自分のお姿を、そのまま、まるごと愛してあげてください。

 

 

 

 

 

 

強がらなくていいのです。

不安じゃないふりもしなくていいのです。

 

 

 

 

 

どんな感情も、包み隠さず、あなたがうけとめ、受け入れ、抱きしめてあげてください。

 

 

 

 

 

あなたは、どんなことを感じていてもゆるされています。

 

 

 

 

 

いつもあなたのままでいてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

________________________

 

コメント欄に、皆さんへのお勧めの曲を書き込んでいただきました。ありがとうございます!

 

 

 

 BUNP OF CHICKEN のRAY  という曲です。

 

 

 

私も聴きました!ボーカルの方の声が胸に響きますね。歌詞も素敵です!