ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

男性の気持ち6

 

こんにちは。hanabiです。いつも私のブログを読んでくださいましてありがとうございます。

 

 

 

 

前日も、男性からのお電話でのご相談についての記事を書きましたが、また別の男性のエピソードをご紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

ある男性が、先日お電話してくださった時に、なんと、ご相談くださる相手の女性とご一緒にお仕事で宿泊先にいるという最中でした。

 

 

 

 

お相手の方が別の用事で、数時間、別行動をされている合間に、お電話してくださいました。

 

 

 

 

ご相談内容は、その女性とご一緒に過ごされているのだけれども、相手のお気持ちが分からず、どの様に接すれば良いでしょうか、という内容でした。

 

 

 

 

 

お相手の女性のお気持ちをとても尊重なさる男性だな、と、とても微笑ましく思いました。いくつかアドバイスさせていただきましたが、すぐにそれを実行します、とおっしゃってお電話を切られました。

 

 

 

 

 

実は、この男性の後日談があります。

 

 

 

 

数日後に、また、お申し込みしてくださったので、またお話しさせていただくことができました。その時は、なんと、ご相談ではなく、私のアドバイスを実践されてどうだったのか、ということのご報告と、そのお礼を言うためにだけにお申し込みしてくださったとのことでした。

 

 

 

 

その男性は、私のアドバイスを聞いてくださって、お相手の女性に理解してもらえるかどうか分からないけれど、本音で言いたいことを言ったそうです。

 

 

 

 

そうしましたら、その女性は、理解してくれないこともあったようです。しかし、その男性は、本音を話せて本当に良かった、と、誇らしげな声で言ってくださいました。その力強いお声を聞かせていただき、私は本当に、本当に嬉しかったです。

 

 

 

 

私はその男性にお伝えしました。

 

 

 

 

「あなたがお相手に伝えたことが、もしかしたらすぐに理解されないかもしれないですし、相手から拒否されたり、喧嘩のようになるかもしれません。しかし、あなたが本音を言えた、ご自分が言いたいことを言葉にして伝えることができた、と言うあなたの経験とあなたの事実は、ずっとあなたの心に残り続けます」

 

 

 

 

「そして、その女性は、たとえあなたの話の内容を理解しなかったとしても、その時は反対したとしても、あなたの真剣さ、私にお電話してまで相手のことを想っているという熱意、その女性に対する懸命な態度、については、必ず、その女性に伝わっています。だから、ご自分と相手を信じていてください」

 

 

 

 

これを聞いて、その男性は、何度も何度も、本当にありがとうございました、相手の女性に本音を言えて本当に良かったです、と言ってくださり、私の心は大変温まりました。

 

 

 

 

 

男性も悩み、迷い、考え、試行錯誤して、行動しているのは、私たちと同じですね。

 

 

 

 

 

愛って素晴らしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを読んでくださっている皆さんが、今、どのような状況にあるにしろ、愛について考え、もっと愛を知りたい、と思っていらっしゃるのならば、その愛に懸命な皆さんの、たった今、こそが尊い生き方なのです。

 

 

 

 

 

(内容はご本人が特定されないように、一部変更しています)