ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

あなたの音色

 

 

本音を相手に伝えるというのは、あなたの心の中に響く「本物の音」を余すところなく伝える、ということです。

 

 

 

 

あなたの中で響いている音は、心地よい音だけではありませんよね。

 

 

 

 

 

高い音、低い音、柔らかな音、激しい音、暗い音、ジメジメした音、短い音、長い音、静かな音、大きなお音。

 

 

 

 

 

色んな音が折り重なって、あなたというシンフォニー(調和)が生まれます。

 

 

 

 

 

だから、あなたは、色んな音であって良いのです。

 

 

 

 

綺麗な音ばかり出そうとしないでください。

 

 

 

 

 

低音に支えられて、柔らかな音が引き立つように、それぞれの音が、互いの存在のために必要です。

 

 

 

 

 

相手を愛するとは、あなたという音を、すべて相手に伝えきるということです。

 

 

 

 

 

愛しているという言葉だけじゃなくて。

 

 

 

 

 

あなたの感情という音を、本気で相手に鳴らしてみてください。

 

 

 

 

 

なぜならば、あなたの音は、そのすべてが愛おしく、そのすべてがあなたの大切な一部なのですから。

 

 

 

 

 

 

私は悲しい、私は寂しい、と相手に本気で言えることが、本物の愛なのです。

 

 

 

 

 

それを伝えたところで、愛はなくならないからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

____________________________________

 

そしていつもお伝えしていますように、その音を相手に鳴らすためには、その前に、まずはあなたが、自分の中に響いている様々な音を、そこにあると認め、響いていて良いのだよとその音に伝えてあげることです。

 

 

 

あなたという女性は、オーケストラが奏でる壮大なメロディです。

 

 

 

 

自分の中にある様々な音を、慈しんであげてください。