ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

愛の在りか

愛というのは、どこか遥か彼方遠い場所にあるわけではないのです。

 

 

 

まだ起きていない未来にあるわけでもありません。

 

 

 

ありきたりの日常にこそ存在するのが、真実の愛、です。

 

 

 

それは、誰かが与えてくれるものではなく、運命の相手と再会しなければ得られないものでもありません。

 

 

 

 

「運命の相手と再会しなければ真実の愛を得られない」

 

 

 

 

そう思っていますとね、いつまでたっても、真実の愛に気づくことができないのです。

 

 

 

 

なぜ、私が、日常生活の行動を繰り返しお伝えするのか。

 

 

 

それは、「当たり前の場所」にこそ真実の愛が存在するからなんです。

 

 

 

ということはつまり、当たり前の日常生活をおろそかにしていますと、当たり前の日常に咲いている愛というお花が目に入らないのです。

 

 

 

 

皆さんが、どこか遠くを見ている限り、目の前にある宝石に気づくことができません。

 

 

 

皆さんが、勇気を出して、目の前の現実を直視した時に、こんなにも日常生活の中に、愛が溢れ出ていたのかと、驚愕することでしょう。

 

 

 

 

当たり前にこそ、当たり前のように愛が存在します。

 

 

 

 

 

幸せを探すことをやめたとき。本当の幸せが目の前にあったと気付かされます。

 

 

 

愛を求めることをやめたとき。愛とは、今ここにしか存在しないと理解します。

 

 

 

 

愛の在りかは、未来ではなく、宇宙空間でもなく、彼との再会の中にあるわけでもなく

 

 

 

「今ここ」

 

 

 

 

なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

____________

 

皆さんは意外に感じるかもしれませんが、「ようやく彼に再会できましたが、再会しても幸せじゃありませんでした」「彼に会えましたが、思ったよりも嬉しいことが起きませんでした」というコメントが少なくないのです。

 

 

 

それはつまり、皆さんの自分軸が確立していないまま再会しても、彼が皆さんを満たしてくれるわけではない、彼が皆さんの理想をすべて叶えてくれるわけではない、ということなんです。(彼は完全無欠の王子様ではありません)

 

 

ですからね、まずは、彼ではなく、皆さん自身が自分軸を築くことと目の前にある愛に気づくようになることが何よりも大切であり、それを抜きにしては、真の幸福は訪れない、ということです。

 

 

 

 

逆を言えば、皆さんが自分で自分を満たせるようになった時。彼の言葉や行為にかかわらず、あなたは無条件に幸せに満ち溢れるということです。

 

 

 

 

 

目の前の現実での行動を、何よりも大切にいたしましょうね!