ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

「最後の最後の大きな山でした。やっとなんとかできそうです」

 

前にお電話セッションを受けてくださった方からの、近況報告が届きました。

 

 

 

いつも書いておりますように、ツインの学びのステージでは、身近にいる人との愛の課題に取り組むことを避けては通れません。

 

 

もっとも身近にいる家族との愛に、どうぞ、真剣に向き合ってくださいね。

 

 

 

========

 

hanabiさん
こんばんは(^^)
 
 

今回は、ご報告がしたくて
メールを送らせていただきます

 
hanabiさん
私、娘から依存されるのが辛かったんです
それで、娘の事が重くて、好きになれませんでした
娘を嫌っている自分にも自己嫌悪でした
 

それが、やっと
重く感じなくなりました
 
 

以前は
愛情を「もっと、もっと」と
止めどなく求められているような気がして
苦しかったんです
それが、一生続くのかという恐怖もありました
 
 

今日、フッと
彼女にも、自分を満たす事を
教えてあげればいいんだ!
と、気付いたんです\(^^)/
 

本当は、それこそが
母親の役目なんだと思います
 

これからは、彼女が自分で満たされるまで
気長にサポートしてあげようと思います
 
 

もちろん、私の愛情も
たっぷり注いであげようと思っています
 
 

最後の最後の大きな山でした
やっとなんとかできそうです
 

ありがとうございました
 
========
 
 
大きな山に気づくことができて、前進できて良かったですね!
 
 
 
 
このように、何かしら「ご自分が」行動を続ければ、何かしらの変化が起きます。
 
 
 
 
行動することこそが、ご自分を深く愛することなのです。
 
 
 
 
誰もが与えられている、同じ、24時間。
 
 
 
 
この24時間を、愛を持って過ごすのか。どう過ごすのか。何をするのか。それは、すべて、「今日、たった今の」あなた次第なのです。
 
 
 
 
すべてが完璧になってからではなく、何もわからないまま、あやふやなままでも、今できることは必ずあります。それが、今を生きる、ということです。