ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

「私の本当に求めてるものは、 『泣きたいときは泣いていいんだよ』って、あの頃のように抱きしめて欲しいことなんです」

愛の喝を受け取ってくださったからのメッセージです。

 

========

 

hanabi さん、お疲れ様です。 このコメントを読んで下さるのは明日になると思いますが、今のこの気持ちを送られずにはいられませんでした。

 

 

 

私への愛の喝メッセージありがとうございます。

 

 

 

hanabi さんからのメッセージを読んで気付きました。 どうしようもないくらい、私は恐れています。 私も彼と同じように一歩踏み出すのが恐いんだなって感じてます。

 

 

 

hanabi さんに、私が気付いているようで気付いていない心の内を読まれて、ハッとさせられました。 私はずっと自分に言い訳ばかりして、嘘ついて自分を護ってきました。 人に横取りされても譲って、何も口を聞けない自分を通してきてました。 

 

 

 

何言ってもあしらわれるだろうなって、何言っても受け入れてもらえないんだからもういいやって、諦めてきました。 彼とのことも、何度も信じてみては、本音で話してくれていないと感じると、何度も諦めて、でも愛して欲しくて、会いに来て欲しくて、抱きしめて欲しい気持ちが湧いてくるんです。 そこまで気づいたなら、さっさと伝えろよ❕と、 hanabi さんツッコみそうですね。

 

 

私の本当に求めてるものは、 『泣きたいときは泣いていいんだよ』って、あの頃のように抱きしめて欲しいことなんです。 ここをしっかり乗り越えなくちゃいけないです。 ちゃんと伝えます。

 

========

 

ご自分の気づいていないお気持ちに気づくことが出来てよかったですね!

 

 

 

「そこまで気づいたなら、さっさと伝えろよ❕と、 hanabi さんツッコみそうですね」

 

 

 

(笑)その通りです!

 

 

 

これからは、読んでくださっている皆さんも、どうぞ、ご自分でご自分に対して私の愛の喝を思い出していただいて「自分から自分への愛の喝」を入れてくださいね!

 

 

 

厳しい愛の喝は、現実世界に、「別の視点」という、新しい見方を与えてくれます。どうぞ、勇気を持って、ご自分に厳しい愛の喝を入れてみてください。