ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

愛はシンプル

愛とは、本来、心地よく、温かで、心が和み、二人が愛し合うことでさらに愛が拡大していく、という、私たち人間にとって、最も素晴らしい営みです。

 

 

 

そんな、本来であれば豊かさが増していくものが愛ですのに、皆さんが、それによって苦しんだり悩んだりしているとすれば、それは、愛ではないものを愛だと勘違いされているからです。

 

 

 

 

 

愛とは、所有ではありません。

愛とは、依存ではありません。

愛とは、執着ではありません。

 

 

愛とは、相手を縛ることではありません。

愛とは、相手を自分の思い通りに動かすことではありません。

 

 

 

 

 

愛とは、所有ではなく、自由を与えること。

愛とは、依存ではなく、自立すること。

愛とは、執着ではなく、手放すこと。

 

 

 

 

愛とは、相手を縛ることではなく、相手を解放すること。

愛とは、相手がその相手の思い通りにのびのびと生きることを祈ること。

 

 

 

 

 

さて、皆さんの心の中にあるのは、本物の愛でしょうか。それとも、愛だと思っている「コントロール」でしょうか。

 

 

 

 

じっくり、ご自分のお気持ちを観察してみてください。

 

 

 

 

真実の愛とは、とてもシンプルなものなので、愛が深まれば深まるほど、自分の心も、とてもシンプルになっていきます。

 

 

 

 

愛の原点から、もう一度、考えてみてください。

 

 

 

 

そして、もし、皆さんの愛が「コントロール」だと気づいたならば。皆さんは、理解しなければなりません。

 

 

 

愛する彼も、愛するツインも、毎日の生活の中で、皆さんを幸せにするためだけに、日々、生きているわけではないのです。

 

 

彼として生きているわけではなく、ツインとして生きているわけでもなく。〇〇さんは、〇〇さんという一人の男性として、ひとりの女性として、生きています。

 

 

 

 

 

真実の愛とは、お互いに自由を与え合い、相手が幸せになることを祈ることです。

 

 

 

 

コントロールが消滅した先にしか、真の愛はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

__________________

 

ですが、繰り返しお伝えしておりますように、この厳しい愛の境地にたどり着くためには、まずはありのまま自分になる、本音を言える自分になる、というステップがありますので、いきなり「ゆるす」「手放す」という頂上を目指すのではなくて、まずはそのステップのために行動を起こしてくださいね。