ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

かわいそうなお姫様からの卒業です13

========

 

hanabiさんこんばんは。 この記事を読んで、私もまさに悲劇のヒロインで居たがっているのだなぁと気づきました。 この記事を読んでそう気づけた私で昨日彼に会いに行きました。とっても幸せな時間を過ごせました。

 

 

でも今日はまた悲劇のヒロインに逆戻りでした。自分が情けなくて仕方ないです。 そんな私でも、hanabiさんのおっしゃる通り、かわいいと思って愛せばいいのでしょうか? どうすれば悲劇のヒロインじゃなくなれるのかよくわかりません。頭ではわかっていても心がついてきてくれません。

 

 

 

私は彼に嫌われてる拒絶されてるって思い込んで悲劇のヒロインで居たがってるだけなのかなって、 こんな私が好かれるはずがないって脳内ルールで決めつけて抜け出せないでいるのかなって、 最近のhanabiさんのブログを読んでて思いました。 私も悲劇のヒロインなんてやめたいです。でもそんな自分を笑い飛ばすなんて今の私にはまだできそうにありません。

 

========

 

 

もし、皆さんが、新しい劇に出演するとして、今までとは違った配役になったとしますよね。

 

 

 

その、新しい配役を、たった今すぐに、いきなり上手に演じることができますでしょうか?

 

 

 

 

これまで慣れていた役なら、すんなりこなせます。でも、新しい配役になった時は、最初は誰でも戸惑ったり、うまくできなかったりすることが当たり前です。

 

 

 

だから、笑えない時は笑えなくても大丈夫です。

 

 

 

 

こちらに書いてくださいましたように

 

 

 

 

「そんな私でも、hanabiさんのおっしゃる通り、かわいいと思って愛せばいいのでしょうか?」

 

 

 

そうです!!!!!ダメだと思っても、可愛くなれないと思っても、その度に

 

 

 

 

私はありのままの自分をゆるします

 

 

 

 

私は「今は」ダメでも、そんな自分をゆるします

 

 

 

 

 

でも、私はこれからは、悲劇のヒロインではなく、新しい「ありのままの女神」として生きていきます

 

 

 

 

と、何回でもご自分に言い続けてください。

 

 

 

 

 

そして、これからは、悲劇のヒロインとしてではなく、ありのままの女神として、脳内ルールを探し続けるのです。

 

 

 

 

 

悲しくても、悲劇のヒロインとして悲しむのではなく、これからは、ありのままの女神として悲しむ。それを続けてください。

 

 

 

 

 

コメントを拝見しますとね、あなたは前よりもちゃんと気づけてます!