ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

コメントのお返事です2

たくさんのメッセージ、ありがとうございます。嬉しく読ませていただいております!思った以上にメッセージをいただき、お返事できるか不安になってきました笑。でも、少しずつお返事いたしますので、まだの方はお待ちくださいね。愛をこめて。

 

 

 

(*お返事を全て書いてから読みかえしてみたのですが、私、とっても素晴らしいことを書いています(笑)皆さんからのご質問にお答えするって、いいですね!ヒントがたくさん詰まっていると思いますので、ぜひお読みくださいね。)

 

 

 

 

 

◆リヒさん

こんばんは。毎日楽しみに読んでいます。またスピ友達と話していたら友達もハナビさんファンで熱心に読んでいて、私たちみんな本当に女神なんだなぁ✨と思いました(笑) ハナビさんに何が聞きたいと真剣に考えたら、全てが愛で満たされて幸せで質問が出て来ませんでした(笑)だから大好きなハナビさんに感謝を伝えたいと思います。 いつもありがとう✨ハナビさんの言葉を支えに生きていらる勇気をもらってます。今後もブログ楽しみにしまくっています。ハナビさんにも私にも皆さんにも幸せな笑顔溢れる毎日になりますように^_^🌈✨💕

〉お友達も私のブログを読んでくださっているとのことで、嬉しく思います。リヒさん、全てが愛で満たされて幸せで質問が出てこない、って素敵なことですね!全てが愛で満たされているリヒさんは、これから、その愛を、彼に対してだけではなくて、周りの人に向けることができますね。どうぞ、女神であるあなたの笑顔で、あなたの言葉で、周りの人に愛を与えてあげてくださいね!

 

 

 

◆柴犬さん

hanabiさんいつもありがとうございます。 私はずっと大好きだと思っていたけど苦しかったから かなりの勇気がいりましたが離れる事で進みました。 今はいろいろな男性と関わる事でこういう方もいるんだな。 こんな素敵な人もいるんだなっていろんな角度から 知れて優しくしてもらって本当に幸せです。 安心できる心からホッとするパートナーとまたいつか 出会いこの歳でも出会えたよ。自分の人生やり直せたよ って同じような事で悩んでいる人に伝えていける人に なりたいです。 今の私はツインレイに拘っていません。私は私らしく 心から穏やかに笑ってたらいつか一緒に過ごせる人に 巡り会えてるのかな?って今はそう思っています。 1人の時間も楽しく過ごせるようになったけど このままずっと1人は嫌です。現実に毎日感じた事 楽しかった事を話したり一緒に時を過ごせる人が いてほしいです。これは依存してますか? 自分軸を持ちながら自然と寄り添える人に出会えるかな? 今はまだ分からない事もあるけど hanabiさんが書いて下さってる事やったら分かった 気付いたこと沢山あるからこれからの私楽しみに しています^_^

〉勇気を出して一歩前に進んだ柴犬さんに大きな拍手を送ります。柴犬さんが書いていますように、自分で自分の時間を輝かせてご自分らしく生きていたら、その波動に共鳴した人が周りに集まってきます。ありのままの自分でいられますとね、ありのままの自分を認めてくれる人と接することが楽しくなってきます。どうぞ、これからも、まずはご自分を自分で満たし、自分で自分を幸せにしてあげてくださいね。気づいたことがたくさんあって嬉しいです!

 

 

 

◆Dさん

 最近思っていたことは、人を思うのって素敵なことで自分を綺麗にさせてくれると思う。会えなくて辛くて汚くなるのではなく、会えなくて辛くても恋心は綺麗になって輝いていく魔法のよう。外見も内面も磨けちゃうように感じてきました。 彼のこと思うのは1%にしたいですが、もっと彼で心は占領されてますが、頑張ってる自分は認めてます!彼とのことでセッションを受けてブログを読んで成長してる自分が可愛いです😁 いつもいつも ありがとうございます😊

〉セッション当初のメールの内容から考えますと、別人のように波動が軽く明るくなっていらっしゃいますね。これも、Dさんの実践の賜物です。彼を思うそのエネルギーを、ご自分を磨き、ご自分を高め、ご自分を自分らしく輝かせるために使ってくださいね。Dさんは、とても可愛い女性なのですから、それをどんどん出していかないともったいないですよ!こんなに可愛くなってどうしちゃったの?とびっくりされるぐらい、ご自分を磨き続けてくださいね。

 

 

 

 

◆chifgさん

自分に喜びを感じる hanabiさんが 出会った時より波動が軽やかになっているかという考えを教えてくれた 間違いなく私は別人のように軽やかになっている また彼との距離が益々離れようとしている今 hanabiさんはブログで男性は道を作ること、女性は受け入れること、と教えてくれた 私が一瞬悲しくなったのは自我で… 自我はプラスやマイナスに振れる それが自然 だって本当は今すぐにでも会いたいのに 今すぐにでも抱きしめてもらいたいのに ずっと会えていないのに 益々距離が離れようとしているのだから 悲しくなって当たり前 大好きな人に会いたいと思っていいよ 悲しくなっていいよ 会いたいよね、わかるよ 私は自我を抱きしめる と同時にもしかしたら 真我の私は… 悲しみに暮れる自我とは反対に 彼に出会ってただただ喜びいっぱいで 彼がやろうとしていること 彼が傷ついたこと 彼が前へ進もうしていること そんな全てをニコニコしながら 見守ってるんじゃないか

〉chifgさん、そこ、怒るところです!(笑)こんなに美しくて、可愛くて、健気で懸命な女神の私に何も言わずに、あなたは益々距離を離すのですか?と、激怒するところですよ!真我は当たっていますが、自我は我慢していらっしゃるように感じられます。chifgさんはそんなにも美しくて可愛くて、世界でたった一人のお姫様なのですから、ご自分を悲しくする人にはちゃんと怒ってくださいね。そんなに可愛いお姫様、世界にたった一人しかいないのですから!日常生活において、彼以外のことでも、我慢していることがないか、じっくり確認してみてください。

 

 

 

◆🍀M🍀さん

言葉の力はすごいです。 きっと、多くの人があなたの言葉に救われていることでしょう。 とても、素晴らしいです。 愛をありがとう♥

〉 愛のメッセージ、ありがとうございます。言葉ってすごいですよね。私もみなさんからいただくメッセージで、いつも愛をたくさん受け取っています。こちらこそありがとうございます。

 

 

 

 

◆ともさん

お母様のこと、嫌いじゃなくなった方のコメント拝見し、勇気をもらいました。 私は、まだ嫌いな感情はあります。 母と会うと、言葉一つ一つに棘があり、嫌なことや私を否定する言葉ばかり口にする母に心が乱されます。 しかし、しのごの言わず、hanabiさんの言った通りに、私の脳内ルールである「母=悪人」を解除していこうと思います。 母からの否定の言葉も私へのアドバイス、母の嫌な行動も反面教師と捉え、成長するために今の私に必要なのだと思うようにしますね。 hanabiさんのブログにいつも助けられます。 ありがとうございます!

〉素晴らしい!しのごの言わずに!!!!!その通りです!お母様を嫌いでもいいんですよ。お母様を大好きじゃなければならないだなんて、誰が決めたのでしょう!嫌いでもいいので、お母様を理解してあげてください。同じ女性として、お母様と同じ目線で考えてあげるのです。お母さんが否定する言葉を言葉にする、ということは、お母様も誰かに否定されて苦しんだ経験がある、ということです。

 

 

 

◆acandlelightさん

でも何が正しい、間違いとかじゃない。って気づけたから 今を自分なりにがむしゃらに生きてみればいいんだ。時には夢に胸弾ませて、精一杯生きればいいんだ。今この瞬間にできることをひとつでもしていく。それが大事なんだ。 自分さえ信じていれば、この先の未来なんてどうにだってできると学ぶことができました。 そして今、日々例え小さなことでも自分を認め、許し、今を精一杯生きる努力をしています。 努力ってへんな言い方だけど、どんなに小さい日常の1コマでも許し、認めたことで、輝きが心に返ってくるように感じます。 新たな一歩を踏み出すこともでき 今の私は心軽やかに過ごせています

〉ご自分らしく輝けるお仕事が見つかって良かったですね!それも、あなたの懸命で前向きな実践の賜物です。これからは、彼に満たしてもらおう、彼に愛してもらおう、ではなく、ご自分で、どんなに小さなことでも自分を満たし続けてください。acandlelightさんが書いていらっしゃいますように、大切なことは、未来ではなく、たった今自分を愛すること、たった今、自分をゆるすこと、たった今、自分を存分に甘やかして自分を可愛がってあげること、です!

 

 

 

◆かえるさん

hanabiさん、ありがとうございます。 まだ、真実の愛って わかりません。 が、 今、言える言葉は… hanabiさんに感謝の言葉を贈りたいです。 hanabiさんありがとう です。 早く愛あふれる人間になりたいです。 まずは、どんなときも笑顔で過ごせるように 心に余裕もって、過ごします! (私の場合、心の余裕=時間の余裕&経済的余裕ですが) 👆現実世界にとらわれている ちっぽけな自分も愛します!

〉愛のメッセージ、ありがとうございます。私に感謝の言葉を伝えようという優しさに満ちたご自分の魂を、どうぞたくさん褒めてあげてくださいね。ちっぽけだっていいじゃありませんか。自分がちっぽけじゃいけない、なんて、誰が決めたのでしょう?(笑)ちっぽけならば、ちっぽけなりの毎日を存分楽しんでに味わえばよいではありませんか。可愛いご自分を大切に、余裕を味わってお過ごしくださいね。

 

 

◆りんごさん

いつも本当にありがとうございます。  彼と別れ 母との関係も終盤を迎える時期 今までは自分を信じ突っ走ってきましたが ここにきて自分さえも信じられない私がいます ひょっとして冷たい人間なのではないか? と どこにも帰る場所がないような孤独感 どんよりと重く…自分のこの重さを 今は委ねるしかありません 彼とも、本当に終わってしまった事も まだ少しパニックになりながらも 忘れないけど 少しずつ私の知らない彼に なっていくのだな…てさみしい思いです そんなアップダウンの日々です 何かを掴みかけても するりと逃げてしまう 天女の羽衣みたいです 実は自分がもう羽衣は着ているのかもですね 今はこんな私です… いつも本当に励まされています ありがとうございます。

〉お辛いながらも書き込んでくださりありがとうございます。アップダウンのときは、海の波に身を委ねるように、抵抗せずに、まるでサーフィンのようにその波に揺られていてください。抵抗すると辛くなりますが、その波に力を抜いて乗っていればその波も段々とおさまってきます。りんごさんが冷たい人間だっていいんですよ。そんなご自分をゆるして愛してあげてくださいね。どんなに冷たい人間でも、100%氷のような心なわけではありませんよね。冷たい人というのは、冷たさと温かさが両方あって、たまたま冷たさの方が表に出ている状態なだけです。ちゃんと温かさもありますから、冷たさも温かさも、どちらも愛してあげてください。

 

 

 

◆そらさん

hanabiさん、こんばんは。 コメント1万通来そうですね!笑 このメッセージのあとのメッセージも読みました。 私は痩せてなければいけないと思ってました。 痩せてなければ魅力はないと。 でも、違いますよね。 私は痩せてても太ってても私だから、食べたいものを我慢して暮らすより食べたいものを食べて過ごした方が幸せ! 彼のことは前とは違う視点から見れるようになりました。 今は彼のことを好きなのか会いたいのかわからないです。 ただ「愛」があることに変わりはなくて、彼が幸せでいてくれるならそれでいいと、彼の望む幸せのなかに私の存在が必要ないのであればそれはそれでいいと思うようになりました。 彼と一緒にいることが幸せなんだと思ってました。 でも、彼に幸せにしてもらおうと思ってる時点で依存してるだけなんだとhanabiさんのブログで理解でき、私を本当に幸せにできるのは私しかいないと気づけました。 今は、資格とるための勉強をやりつつ仕事もまわりに甘えたり任せたりしながらやっていきます。 (これも私にとっては成長なんです!仕事を人に任せることが出来なかったので。) そして、このメッセージの前のメッセージで書かれていたこと。 私の悩みそのものです。 でも、確かなことは彼に出会ってからの私は彼に出会った頃の私より確実に波動は軽くなりました。 それがわかったら、私の進んでる道は間違ってない。と自信が持てました! そう考えると本当に彼には感謝しかないです。 hanabiさん、いつも愛を、そして気づきをありがとうございます!

〉ご自分の成長を感じられたなんて、素敵なことです!波動が軽くなっていることも感じられて良かったですね!そらさんが書いていますように、そらさんは、ご自分をたくさん愛して、たくさん可愛がって、たくさん褒めて、たくさん寄り添ってあげますとね、ご自分を幸せにできるんです。これから、ご自分をどこまで幸せに出来るかゲームだと思って(笑)、とことん幸せになっちゃいましょう!そらさんはさらりと書いていますが、彼のことやお仕事のこと、とっても大きな成長です。素晴らしいです!

 

 

◆candnloveさん

hanabiさま いつも心温まるブログありがとうございます🙏 私は、脳内ルールでがんじがらめになってしまっている家族と暮らしています。 文句のBGMの中、なんとか自分の脳内ルールの解放や自分軸を意識して自分らしく生きたいと努力していますが、強力な負の渦に巻き込まれてしまい、すぐに心身ともに疲れ果ててしまいます。。 日々、自分で自分の感情を認めて受け止めていますが、なかなか追いつかず、、自分自身をも見失いそうになってしまいます。 文句のBGMも自分を守る為やさみしさの裏返しと理解できても、、拒否反応が出て疲れ果ててしまいます。 このような環境でも愛そのものとして生きる人になれるでしょうか?

〉疲れ果てているときは、心が疲れているサインですから、無理せずお過ごしください。愛そのものとして生きるためには、あまりにも疲れを感じる場合は、今はできるだけ接しない、ということも大切なことです。距離をとった中で、ご自分と向き合うのです。ご一緒に生活されていらっしゃるとのことですが、同居されていても、今は、できるだけ距離をおいて、ご自分が心穏やかでいられる環境をつくることが先決です。そして、離れた状態で、家族のどんなところが嫌なのか、どんなところが自分を疲れさせるのか、ノートなどに書いてみてください。

 

 

 

 

 

◆DREAMTWINさん

生きているからこそ、悩んだり、落ち込んだり出来るわけで、だからそれも、ある意味幸せなのかもなぁ!って思ったり。 なんか、思いつくままに、いつもコメントさせていただいていますが、そのことに気づかせて下さったhanabiさん、本当にありがとうございます😊 この際なので、hanabiさんに質問してみたいと思います。 hanabiさんは、もし一年以内にこの世を去るという定めだと告げられたら、何をしたいと思われますか?どのように最後を迎えられたら幸せだと、自分らしい人生だったと笑顔で言えると思われますか? すいません。急に変な質問で。 多分、人それぞれだと思います。でも自分らしい生き方って難しいなぁって最近感じていて… でも、心配なさらないでください、私に今すぐ何かある。というわけではないので。でも、自分のエンディング、どのように迎えるのか、すごく興味というか、大事なことだと思っています。

〉いつもたくさんのコメントありがとうございます。嬉しく読ませていただいておりますよ!私は、ずっと、毎日、今日と同じことをしていたいです。朝起きる、瞑想をする、呼吸を感じて爽やかな気持ちになる、五感をフルに使ってのびのびと生きる、接してくださっている人に感謝をする、お掃除をして気持ちをすっきりさせる、日記を書いて自分を振り返る、自分の心の愛を誰かと共有する。いつこの世が最後になってもいいように、今が最も大切だと思っておりますので、もし、最後の日も今と同じことができたら、私はとても幸せです。

 

 

◆lightofdawn7777さん

文字通り、ツインのことは1%も考えず、終わった事として、心の中で片付けました。でも、心のどこかには何かが引っかかり、それは、自分が自分を愛しきれていないんだと思いましたが、それはそれで、未熟な私を「よしよし」と可愛がり、淡々と目の前のことをこなしていました。 でも、今朝何かの夢を見て目覚め、自分がツインを愛してしまう気持ちを無理して無いものにしようとしていた事に気づきました。 それも自分への愛の欠如で「ツインを愛したいなら、愛していいんだ」と自分に許可できたとき、泣き崩れてしましました。ツインへの愛を抑えることが、自分にどれだけ負担をかけていたかに気づきました。 こうやって、時々かなり凹みますが、自分の事にもっと取り組んで、波動を軽くします。 ツインがいること自体が、奇跡ですね。 まず、自分!(笑)

〉まず、自分!その通りですね!ツインのことは、考えないようにしようとして1%にするのではなくて、ほかのことに没頭しすぎて、いつの間にか1%になっている、というイメージです。まずは我慢せずに、ありのままの自分をそのまま認めてあげてください。そして、「あれ?自分のことに夢中になりすぎていて、彼のこと、考えている時間がなかった!笑」となるぐらい、ご自分のこと、いろいろと取り組んでみてくださいね。かなり凹むのも、それだけかなりがんばっている証拠ですよ。そんなlightofdawn7777さんが可愛いではありませんか!

 

 

◆匿名希望さん

hanabiさん、ありがとうございます。 この記事で、力みがなくなり、 手放しできた感じです。 年取ってツインレイとかツインスターとか、 ツインの概念に縛られていた自分を卒業します。 ただ、一人のかたを 私なりに愛しますね

〉手放しできて良かったですね!年齢なんて関係ありません。むしろ、そういう概念に縛られるほど彼を深く愛しているご自分が可愛くて健気ではありませんか!そんな素敵なご自分をたくさん褒めてあげてください。

 

 

◆ksunさん

いつもありがとうございます。 今「私の幸せ」「私が嬉しくなる事」を追求しています。 今迄自分が何が好きか?何が嬉しいのか? がわからなかったんです。趣味さえもわからない程で、気が付いたらこんな歳。彼を好きになって、ツインレイを知って、実感がないまま 片想いのまま離れて…。 そして、今に至っています。「ひょっとしたら、彼はツインレイじゃないかも…。」という恐怖と絶望感から 少しずつ解放され、 今は彼を手放そうとしている自分がいます。「きっと彼はツインレイじゃなかったんだ。」と思うようになりました。(寂しいですが…) ただ、ワクワクはしてないです。心が無の状態で、哀しくもなく 波紋のない水面の湖のようです。 このまま空や風に同化していくような感じ、心が頭上にある様な感じに近いですかね。平穏の状態かなぁ。と思っています。それはそれで幸せというか、非常にリラックスしている自分がいます。ただこの状態が良いのかな?と不安になる時があります。

〉大丈夫です。その、非常にリラックスしている状態を、あえて、五感で味わうのです。刺激とか激情ではなくて、波紋のない水面の湖のような状態で、そこで感じる喜びもいっぱいある、ということに気づくのです。鳥のさえずり、虫の声、空の色、雲の形、葉っぱの匂い、花の色、土の感触、新鮮の空気の美味しさ・・・・身近にある世界をひとつひとつ、じっくりと眺めてみてください。

 

 

◆sunshower_ycaさん

そういう『記念日』にとらわれたのか、彼への気持ちがムクムクと湧いてきて抑えられなくなり、スマホのメモに書き出しました。 自分の気持ちをうまく表現できたなぁと思って『来月18日過ぎた頃に手紙にして渡そう』と、その時は思っていました。 家に帰ってきて何度も推敲しながら読み返していると、何だか違和感が出てきて『私のエゴが詰まった文章だな、これ渡さない方がいいんじゃないかな』って思って… そこでいつもの日課となっている、hanabiさんのブログを開きました。昨日の『ツインレイ 愛の波動』を拝見して、あっ!とまた気付きを頂きました。 彼とのことが上手くいかないなって感じていたのは、わたしの気持ちが重たくなってきてたからじゃないか。軽やかな波動で彼を想っていた〇ヶ月前と同じように、今を過ごそう。記念日にとらわれるのは意味がないって、素直にそう思えたのです。 彼と私はツインレイではないと思いますが、今の状態を抜け出したいのであれば、私からは何も行動せず、彼の男性性に任せていて良いのですよね?

〉素晴らしい気づきですね!その通りです。彼を愛する、とは、全面的に彼を信じることです。sunshower_ycaさんは、彼とのこと以外のことでやるべきことがあると感じられます。彼のことは放っておいて、その、やるべきこと、今までやろうとしてやっていなかったことに、全力を注いでください。私のブログを読んで、ご自分の行動を振り返られているそのお姿が素敵です!

 

 

 

◆ネイビーさん

いつも素敵な愛をありがとうございます。hanabiさんは、目を背けている事に向き合わない限り、それから開放される事がない事を教えてくれました。私は、子供の頃から母が大嫌いでした。どこにも愛がないと思っていました。だから、母を避けてきました。でも向き合ってみようと決めて母と接するようになりました。でも接すると疲れてしまったり、気持ちが揺れてしまいます。そんな中でも、今まで気づかなかった母の優しさにふれたり、私にごめんねと謝ってきまりして、母が謝るなんて思ってなかったからビックリしました。hanabiさんが、おっしゃる避けている事と向き合う事は、母と直接、接する事ですか、それとも、愛されなかったと思っている私の心に向き合うことですか?今も母を嫌いと思う一方で、母の事が心配で仕方なくなったりします。連絡がなかったりすると心配で家の近くまで行って、しまったりします。ちゃんとやれてるのかなぁと思う気持ちと嫌いと思う気持ちと交互に揺れてしまいます。正直、母を少し好きだけど、大嫌いな気持ちです。

〉お母様と直接接することよりも、まず、なぜ、そんなにも大嫌いなのか、どこが嫌なのか、なぜ疲れるのか。それをノートに書き出してみてください。また、気持ちが中途半端だと交互に揺れます。一度、徹底的に、お母さんを大嫌いな気持ちをノートに書きまくってみてください。お母さんを大嫌いじゃダメ、なんて、誰が決めたのでしょう?大嫌いでもいいんです。それでも、育ててくれた感謝はできますし、愛を送ることはできますから。大嫌いになるにはその理由があるはずなので、ネイビーさんは、自分を育ててくれたお母さんを本当は好きになりたかったのに、大嫌いになってしまったという、過去の出来事がなんなのか、そこをつきとめてみてください。

 

 

 

◆さちこ茶さん

たまたまツインソウル、ツインレイという概念を知り、この苦しみは私達がツインだからだと思う事で自分を納得させようとしていました。 ですが、「ツインの相手とは必ずこうなる、このステージの後はこうなる」みたいな表現に違和感がありました。 hanabiさんのブログは、私達の関係性を型にはめる表現じゃなく、私自身の生き方について、私が私を愛することについて、本当にたくさん気づかせてくれました。 ここに来られなかったら、私はまだあの苦しみの中にいたのでしょうか。 先日、私のコメントを取り上げて質問に答えて頂き、私が、彼を心のお守りにしておくんだと決めた次の日から、まだ全然彼のための心のスペースを減らせてないのに、すぐに変化はやって来ました。 私は休憩時間につい「彼とお話したいなぁ。話しかけて欲しいなぁ」とか思ってしまうので、「そんな事ばっかり考えてないで、読みたい本を読んでいよう」と決めて、職場の静かで涼しい場所に一人でいて読書していたら、彼は私の横に来て(でも私は本が面白くて彼を放っておきました)、私に話しかけたいのか何なのかは知りませんがゴロゴロしていました(笑)。 翌日は、機械とすったもんだしていたら彼が来て、彼も操作が判らないので一緒にすったもんだして、何だか知らないけど彼はやたらと私に優しいです(笑)。 あんなに厳しい感じでいた私達が、どんどん軽やかに楽しく優しくなっていくことが、本当に不思議で、hanabiさんの「わからなくてもやってみる」ってこういう事かと驚きです。 私達は、職場の他の人達も一緒に、これからどんどん軽やかに楽しく優しくなって行けるのかな。何だか日々ワクワクしています。本当にありがとうございました。

〉そもそも、型にはめられる人生など、面白いものでしょうか?型にはまっていない、誰にも真似できない人生というのが、未知の未来の素晴らしさではないでしょうか!彼のことを放ってておけばおくほど、優しくされるって、素敵ですよね!笑 どうぞ、安心して彼のことを放っておいて、さちこ茶さんは、自分のやるべきこと、やりたいことに、存分に取り組んでくださいね。

 

 

 

 

お返事は次に続きます。