ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

かわいそうなお姫様からの卒業です

おはようございます。hanabiです。いつも私のブログを読んでくださいましてありがとうございます。

 

 

 

今日は、皆さんがびっくりする内容を書きますね!どうぞ、存分にびっくりしてください!笑

 

 

 

皆さんは、傷つきたくない、と思っていると思います。

 

 

また、悩んでいたくない、とも思っていると思います。

 

 

 

しかし、実はですね、驚かれるかもしれませんが、皆さんは心のどこかで、私は傷ついていたい、私は悩んでいたい、と思ってしまっているんです。

 

 

 

きっと、この文章で、ハッとする方がいらっしゃると思います。(完全にそんなことはない、それは私には当てはまらない、と思われる方は、ここから読まなくて大丈夫なので、この記事はスルーしてください。少しでもハッとした方だけ、読んでくださいね)

 

 

 

 

つまり、皆さんは、深い愛を実感したい、と思いながらも、それと同時に、傷ついている自分、悩んでいる自分、葛藤している自分、愛に痛みを感じている自分を自分で選んでしまっているのです。

 

 

 

そんな自分が嫌だと思いつつ、心のどこかでは、そういう自分に安心感を覚えてしまっています。

 

 

 

それはなぜなのか。

 

 

 

それは、傷ついている自分、葛藤している自分、愛に痛みを感じている自分、というのを、頭では嫌だと思いながらも、そうしている自分に何かしらのメリットがあるからなんです。

 

 

 

なぜならば、そのような強い感情は、確かに愛とは対極にありますが、それでも、深く彼のことを感じていられます。

 

 

 

平凡で何もない毎日よりは、たとえ傷ついたり、たとえ悩んでいたとしても、心が大きく動いている方が、生きている、という強烈な感覚を得ることができます。

 

 

 

また、自分が傷ついていたり、自分が悩んでいますとね、「自分を傷つけている誰か」「自分を悩ませている誰か」がいつもいつも存在することになります。

 

 

 

そして、傷つけている誰か、自分を悩ませている誰かがいますとね、自分は、いつもかわいそうな被害者でいられるんです。

 

 

 

被害者でいますとね、私って可哀想、私って傷つけられている・・・・と、かわいそうなお姫様でいられるんです。

 

 

 

その、かわいそうなお姫様でいることを、知らず知らずに握り締めてしまっている場合があるんです。

 

 

 

まさか、自分が傷ついていることを自分が選んでいる、だなんて、思えないでしょうし、思いたくないと思います。

 

 

 

しかし、これは、どんなに皆さんの頭でそう思っても、心が勝手に、痛みや傷を選んでしまうことがあるんですね。

 

 

 

時々、お電話セッションで、お伝えするんです。「その傷ついているのは、自分で好きでそうしているんですよ」って。

 

 

 

そうしますと「えーーーーーー?まさか!」とおっしゃりながらも、「それが、よく分かります。実は、本当にその通りです!!!自分でやっていたなんて、びっくり!」と言う方も少なくありません。そして、それを認めることができた方は、もう、私もびっくりするぐらい、変化をなされます。それに気づかせてくれてありがとうございます、とものすごく感謝していただいています。

 

 

 

 

なぜ、こんなことを書くかと言いますと、もし、こういうことが当てはまる場合は、このことをちゃんと認めますとね、飛躍的に成長できるからです。

 

 

 

自分が傷つきたがっていた、なんて認めるのは誰でも嫌だと思いますし、そんなことを認めたくないと思いますが、認めた先には、その嫌な感情以上に、自分をさらに愛せる、という、大きな大きな開放が待っています。

 

 

 

 

この記事に少してもハッとしたならば、たった今、ご自分に言ってあげてください。

 

 

 

「あなたは、もう、かわいそうなお姫様でいなくてもいいんだよ」

 

 

 

「あなたは、もう、被害者から卒業していいんだよ」

 

 

 

「私は傷や痛みの人生ではなく、平穏で優しさに満ちた愛の人生を選択するのだ」

 

 

 

「私は、幸せになっていい。私は、悩みのない幸せな人生を自分にゆるしてあげます」

 

 

 

今まで、がんばり続けてきたご自分に、何度でもそう言ってあげてください。

 

 

 

自分を傷つけたり、痛みを感じたりすることで、愛を感じようとすることは、たった今からおしまいにします。

 

 

 

今日からは、

 

 

 

平凡だけれども心地よく、誰からも評価されないけれども温かく、劇的ではないけれども心にじんわりするような、そんな愛を選択していこうね、と、何度でもご自分に言ってあげてください。

 

 

 

 

愛というのは、激情のことではないんです。

 

 

 

愛というのは、たんぽぽの綿毛のように、ふんわりと優しさに満ちたものです。

 

 

 

自分で傷ついたご自分を握り締めていないか、ご自分と対話してみてくださいね。

 

 

 

もう一度書きますが、それを認めた先には、大きな開放が待っています。ちゃんと認めてあげてください。

 

 

そして、皆さんが被害者であることをやめる、ということは、もう、皆さんを傷つける加害者をつくる必要がなくなる、ということです。

 

 

 

ですから、もし、皆さんが、彼が加害者だ、と思っていたのならば、彼を加害者にしなくてすむようになります。

 

 

つまり、彼はもう、皆さんを傷つける男性ではなく、お互いに自由になれるのです。

 

 

 

 

この記事が、必要な方に届きますように。