ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

愛の結晶

今日はお盆ですね。お盆は、ご先祖様の霊が子孫のもとに帰ってくるとされており、盆の入りには迎え火を焚きご先祖様の霊をお迎えし、盆明けには送り火を焚いて送る日ですよね。

 

 

 

皆さんも御墓参りをしたり、お盆の飾りをされた方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

ご先祖様が命のバトンを次々に繋いできてくださったからこそ、この、現代に、私たちが生命を育むことができています。

 

 

 

 

 

ご先祖様の愛のリレーの、最先端にいるのが私たち、一人一人です。

 

 

 

 

今、私は愛されていない、私は愛を感じられない、と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

 

 

でも、皆さんの後ろを振り返ってみてください。

 

 

 

 

どれほどの愛に満ちたご先祖様が、ずっとずっと、幾千年の時を越えて命の炎を灯し続けてきてくださったことでしょう。

 

 

 

 

もう、それが、言葉にできないほどの奇跡です。

 

 

 

 

私たちは、誰もが、数えきれないご先祖様の愛の結晶です。

 

 

 

 

この、命のリレーの奇跡と軌跡に想いを馳せる時。自分の生命はもちろん、彼の生命も、そして自分が接するすべての人たちの生命が、どれほどの輝きに満ちて感じられることでしょう。

 

 

 

 

誰もが同じように弱くて、誰もが同じように強くて、誰もが同じように愛を求めている。

 

 

 

 

 

みんな個性がバラバラなようでいて、そんな同じところをもつ人間同士です。私たち一人一人、愛そのものとして自分らしく微笑みながら、生活してまいりましょうね。

 

 

 

 

いつも読んでくださる皆さんのたくさんの愛に感謝いたします。日本国内の方、そして海外に住んでいらっしゃる方も、いつも読んでくださってありがとうございます。