ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

「嫌われたくない」からの卒業

多くの方がそれぞれに脳内ルールを書き込んでくださっています。

 

 

 

 

そして、とっても多いのが、こちらの2つの脳内ルールです。

 

 

 

 

「私は嫌われてはならない」

(人に認めてもらわなければならない)

 

 

 

「私は失敗してはならない」

(今も過去も、間違ったりミスをしてはならない)

 

 

 

です。

 

 

 

 

それ以外のたくさんの脳内ルールは、この2つのルールがベースとなって、そこから派生されている細かなルールが多いと思いました。

 

 

 

 

 

この2つのルールって、突き詰めてみれば

 

 

 

 

「私はかつてお母さんに嫌われたくなかった」

 

 

 

「私はかつて失敗やミスをしたらお母さんに嫌な顔をされた」

 

 

 

 

という思いを握りしめているがために、他の人に対しても、同じようにそのルールを適用してしまっているのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

皆さんは、もう、お母さんから卒業しても大丈夫なんですよ!

 

 

 

 

だから、その脳内ルールからも卒業です。

 

 

 

 

 

皆さんは、もう、お母さんに評価されようと思ったり、お母さんの顔色を伺って、失敗しないようにビクビクしなくて大丈夫なんです。

 

 

 

 

なぜならば、皆さんのお母さんは、お母さん自身の手で自分の人生を輝かせることができるからです。

 

 

 

 

皆さんのお母さんは、女神である皆さんを産んだ、素晴らしい女神なんですよ!

 

 

 

 

お母さんという女神は、自分で自分を輝かせる存在なのだと信じてください。

 

 

 

 

そして皆さんは、お母さん以上に、光輝く女神になってください。

 

 

 

 

お母さんのことも彼のことも、ただ信じて放っておいて、皆さんはご自分を愛で満たしてください。

 

 

 

 

お母さんも彼も、あなたに期待して皆さんに求めていることは、ただ、あなたが自分らしく笑顔で過ごすこと、それだけなのです。

 

 

 

 

明日のライオンズゲートに向けて、この2つの脳内ルールに向き合って見てくださいね。

 

 

  

 

そもそも、皆さんが誰かに嫌われたって、間違いや失敗をしたって、それらは宇宙から、もうすでにゆるされているのです。

 

 

 

 

皆さんは、ただ我慢せずにご自分でいるだけで、それだけですでに言葉にならないほどの価値があるのです。