ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

人生で最も大切な日

二つ前の記事、「脳内ルールを手放すと真実が見える」へのコメントです。

 

 

========

 

hanabiさん、ありがとうございます! コメントを書いてくださった方にも本当に感謝していますm(__)m

 

 

『ツインレイ』って言葉に思いっきり縛られてる自分がいます。 ツインレイだから愛してくれている。 なんか書いてて笑っちゃいました(^^;) 『ツインレイ』という言葉はただの肩書きにすぎないんですね。

 

 

『社長』や『◯◯会社』とか名刺の名前の横に書いてあるものと同じ。その肩書きで人を判断している人には重要なもの。 でも人を愛するには必要のないもの、時として邪魔なもの。

 

 

月曜の朝からこんなに大きな気づきを本当にありがとうございます(≧∀≦) hanabiさん、大好きです❤️ そしてここに集まる全ての女神様達に感謝しています❤️ ありがとうございました。

 

========

 

大きな気づきがあって良かったですね!私のブログを読んでくださっている女神の皆さんが、こうしてお互いに影響しあっているお姿、本当に嬉しく思います。

 

 

 

ご自分のことを笑えるって、ものすごく大きなことに気づけた、ということなんですよ!それも、あなたの探求の賜物です。

 

 

 

ツインレイとか、ツインフレームというのは、前にも書きましたように、それは、すでに決まっていることなんです。

 

 

 

 

例えば、猫が自分のことを、私は猫なんだ!だなんて、わざわざ主張しませんよね。私は猫なんだから認めて欲しいとか、私は猫かどうか迷う、とか、ないと思うんです。

 

 

 

 

ツインレイも同じなんです。そのことは、猫が猫であるように、人が人であるように、私たちが日本人であるように、もう、宇宙に決められていることなのですから、それについて悩んだり迷ったりするのは、そもそも猫が、私は猫かな?と迷っているようなものなんですね。

 

 

 

 

猫は、自分が猫かどうかなんていちいち気にせずに幸せそうに生きてますよね。

 

 

 

猫は、ただ、目の前にあることに逆らわずに、ありのままに、我慢せずに生きています。自分がペルシャ猫より偉いとか、トラ猫の方が可愛いとか、私は尻尾が短いから長い猫に比べて劣っているとか比べずに、ただ、自分に忠実です。

 

 

 

 

もし、その猫の飼い主が、この猫は、ネットで調べたら他の猫より価値がありそうだから大好き、と思ったら、なんだか悲しくないですか?

 

 

 

 

それよりも、この猫を目の前にしたら、可愛い瞳、毛並みがほわほわ、尻尾が愛らしい、足は短いけれども愛着がわく、などの理由で選んでもらえた方が、嬉しく思いませんでしょうか?

 

 

 

 

 

コメント欄に

 

 

 

 

相手がツインだから〇〇だろう

相手がツインだから〇〇でなければならない

相手がツインなので私が我慢します

相手がツインだから〇〇をゆるします

 

 

 

 

と書いてくださる方が、もう、驚くほど多いんです。だから、二つ前の記事を書きました。そして、気づきのコメントをありがとうございました。

 

 

 

 

 

その、「ツインだから」という言葉、全部、取っ払ってください。

 

 

 

 

目の前にいる男性を愛してやまない。それが、何よりも大切な事なのに、それよりも、ツインレイという概念の方を愛してしまっている人が驚くほど多いです。

 

 

 

 

ツインレイの概念にこだわっていると、その男性の気持ちとか、その男性の姿とか、ちゃんと見えていないんです。なぜならば、いつもツインレイというメガネを通して眺めてしまっているので、その〇〇さん、をそのまま見ているのではなくて、ツインレイである〇〇さん、として見てしまっているからです。

 

 

 

 

 

私は、男性から、あなたは僕のツインレイだから〇〇すべき、と言われたら、心から激おこプンプン丸になりますね 笑  (激おこプンプン丸は、ネットで調べてくださいね  笑)

 

 

 

 

私は、男性から、あなたをツインレイだから愛する、じゃなくて、あなたがあなただから愛する、と言われたいです。

 

 

  

 

ツインレイというのは、結果としてそうかもしれない、ということであり、その型にはまる必要もなければ、その相手を見つけなければ幸せになれないわけでもありません。

 

 

 

大切なことは、明日でもなく、数年後でもなく、「たった今を、喜びの中で生きる」ことなんです。

 

 

 

 

なぜならば、人生とは、今の連続だからです。

 

 

 

 

多くの方は、彼に深く愛されてから幸せになる、と思っている印象を受けますが、これは、断じて違います。

 

 

 

 

「彼との現実がどうであれ、私はたった今、人生で最も満ち溢れた私として幸せに生きる」

 

 

 

ということが、魂が望む生き方です。彼に愛されてから幸せになるのであれば、そして、彼が思うようにしてから幸せになるのであれば、それまでの期間は、単なる準備期間なのでしょうか?

 

 

 

違います。

 

 

 

 

人生で最も大切な日は、今日、です。

 

 

 

彼との再会があってから幸せになるのではなく、全力をかけて、あなたがあなたの今日を最も幸せな1日にするのです。

 

 

 

 

 

あなたは、ただ名もない猫として、 特別な猫になる必要もなく、他の猫と比べずに、喉をゴロゴロ鳴らして、リラックスして、周りの人に甘えながら、ご機嫌に過ごしていてください。

 

 

 

 

 

ツインという概念に縛られずに、人生で最も大切な今日を、とことんあなたらしく大切に生きてください。

 

 

 

 

 

皆さんは、この地球での生活を、隅から隅まで味わいたくて、わざわざ宇宙からこの地球にやって来たのです。

 

 

 

 

ツインレイという概念に縛られて、自分の世界を狭めているなんて、なんてもったいないことでしょう!