ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

幸せの法則&辛い時の法則

最近は、「幸せになる法則」という本が出版されていたり、ネットにもたくさん情報が出ていますね。

 

 

 

幸せな法則もあるのですが、その反対に、辛い時の法則もあるので、それを書きますね。

 

 

 

 

辛い時の法則って、とてもシンプルなんです。

 

 

 

「自分の本音を言えていない」

「自分を責めている」

 

 

 

これのどちらかです。

 

 

 

相手との関係性で、辛かったり悔いが残っているとすれば、それは、その現実そのものよりも、本音を話せていないからなんです。

 

 

 

現実は、地球上では、すべてが思い通りの結果になるわけではありませんよね。でも、思い通りにならなかったとしても、悔いを残さずに、すがすがしい気持ちでいることもできます。

 

 

 

それは、本音をすべて出し切れた時です。これは、彼とのことに限らず、もし、皆さんがお辛いとすれば、本音を言えていない、ということがあるからです。

 

 

 

そして、もう一つ。自分を責めていることが、ご自分を苦しくしています。

 

 

 

全く同じ現実でも、それを、自分で責めさえしなければ、辛くはなりません。

 

 

 

どんな脳内ルールで自分を裁いてしまっているのか。本当にその脳内ルールは握り締めている方が良いものなのか。じっくり考えてみてくださいね。

 

 

 

 

幸せになる、とは、この逆のことをすれば良い、ということになります。

 

 

 

 

本音を伝える

自分を責めない

 

 

 

どうぞ、これを、日常生活の中で、少しずつ実践してくださいね。相手に本音を伝えられない距離の方は、すぐに伝えなくてもいいので、本当はどんな本音を言いたかったのか、どんな本音を伝えたいのか。心から伝えたかった言葉はどんな言葉なのか、今のあなたがちゃんと理解してあげてください。

 

 

 

 

愛している、の裏側に、いろんな本音が隠されているのではないでしょうか?ご自分が、ちゃんとそれを見つめてあげてくださいね。