ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

人には迷惑をかけてもいい

========

 

hanabiさん。いつも有難うございます。

 

 

宇宙の流れに任せ、今 出来る現実を愛を持って生きるということと本音で生きるということがイコールではない場合。 現実生活も幸せを感じていて、こんなにも身近に愛がいっぱいあったのだと感謝の日々なのですが、心惹かれる人がいて本音を感じると罪悪感を感じ、誰も傷つけてはいけないという脳内ルールが働きます。 罪悪感を感じてもいいと、本音に寄り添っているのですが、それだけでいいのでしょうか?

 

 

 

本音で生き行動するという事との矛盾を感じてしまうのです。 みなさんが前向きに進んでいる明るいコメントの中、迷いのコメントでごめんなさい。 ただ今は、hanabiさんのおっしゃることを実践していると 澄みきった青空のように気持ちがいいです。

 

========

 

愛に溢れるメッセージありがとうございます。

 

 

 

まず、こちらから。

 

 

 

「みなさんが前向きに進んでいる明るいコメントの中、迷いのコメントでごめんなさい。 」

 

 

 

これが、脳内ルールなんですよ!

 

 

 

私は、迷いのコメントも暗いコメントも書いてはダメです、と、ブログで一度も書いていません。むしろ、どんなことでも書き込んでください、といつも書いていると思います。

 

 

 

 

ご自分で、迷いのコメントは、ダメなんだ、と決めちゃってるだけなんです。きっと、そういう考えが、普段から癖になっていると思います。そして、私がそうじゃないと思っているのですから、その脳内ルールは、事実とは一致していない脳内ルールなんです。

 

 

 

 

なぜ、迷いのコメントはダメなんだ、と思うか分かりますか?  

 

 

 

 

それは、ご自身が、もともと、誰かに迷惑をかけてしまう存在で、私は誰にも迷惑をかけてはならないのだ、と決めてしまっているからなんです。

 

 

 

 

でも、人って、そもそも迷惑をかけちゃいけない存在でしょうか? 誰もが、お互いにある程度の迷惑をかけあって生きるからこそ、支え合いの素晴らしさがそこから生まれるのではないでしょうか。

 

 

 

 

私なんて、迷惑をかけっぱなしなんですよ!笑

 

 

 

 

でも、嫌な顔をされるどころか、周りにいる方々は、喜んで、そんな私の役に立とうとしてくださいます。

 

 

 

 

迷惑をかける人がいますとね、それはつまり、役に立ちたいと思っている人が、役に立てるという素晴らしい機会を与えている、るということでもあるんです。

 

 

 

 

皆さんが迷惑をかければ、「仕方ないな、俺が、私が、なんとかしよう」と言って、意気揚々と手伝ってくれる人が出てくるんです。

 

 

 

 

 

そして、なぜ、迷惑をかけても大丈夫なのか。

 

 

 

 

それも、相手の人を信じているからこそ、なんです。

 

 

 

 

これから、皆さんの脳内ルールとして、誰かに迷惑をかけても私は不完全な人間だからそれでいい、と信じてみてください。

 

 

 

 

彼でも、子供でも、両親でも、同僚でも、私は迷惑をかけたって、みんな私を助けてくれるしそんな私を信頼してくれるんだ、と、信じてみてください。

 

 

 

 

 

女神を助けたい、女神の役に立ちたいと思っている人がたくさんいるのだと、信じてくださいね!

 

 

 

 

 

 

長くなりましたので、コメントの答えは次の記事に書きます。このコメントを書き込んでくださったお陰で、脳内ルールについて、より詳しく説明できました。書き込んでくださったあなたに感謝いたします。