ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

「脳内ルール」に気づく

新しいステージに突入する8月を迎えるにあたり、7月の過ごし方が大切であるということをとお伝えしました。

 

 

 

「家族と食事に行きます!」「部屋を掃除します!」など、具体的に行動を起こす、というメッセージをたくさんいただいており、女神のみなさんは、素晴らしいですね!

 

 

 

それに加えて、今日から残りの3日間、ぜひ、実践していただきたいことを書きます。

 

 

 

何かしら否定的な思考が湧いた時に、「本当に、それは否定することなの?」「本当に、それをやってはダメなの?」と、ご自分に問いかけることです。

 

 

 

例えば、彼に猛烈に会いたくなったとします。でも、「会いたいと思うなんてエゴだから思わないようにしよう」と思っていたとします。

 

 

 

そこで、「本当に、彼に猛烈に会いたいと思うことはダメなの?」と、自分に聞いてみるんです。

 

 

 

会いたいと思うこと、彼に優しくしてもらいたいと思うこと、それは、自然に湧いてくる感情だと思いますから、それは、本来、感じていて良いのです。それをちゃんと抑圧せずに感じてあげる、ということが、自分を理解して認めてあげる、ということです。

 

 

 

彼を猛烈に会いたいと思ってはいけない、という「脳内ルール」を自分で作ってしまっているということなんです。

 

 

 

この、「脳内ルール」というのは、自分にとっては当たり前になりすぎていて、意識しなければ気づけないことが多いです。

 

 

 

身近なところで言えば、脳内ルールとは、

 

 

 

仕事の上司に本音を話してはならない

(→本当にそうでしょうか?本音を話したほうが、かえって仕事が改善されて、よりよい仕事につながるのではないでしょうか?)

 

 

 

ママ友に注意してはいけない

(→本当にそうでしょうか?注意したほうが、そのママ友が自分でも気づいていないことに気づけて、ご自分も喜ぶかもしれません)

 

 

お店に苦情をいってはならない

(→本当にそうでしょうか?苦情を言ったほうが、そのお店が改善されて、さらに利益があがるかもしれません)

 

 

 

「脳内ルール」があるのは、多くの場合、自分が「いい人だと思われたいから」「素敵な女性でいたいから」「日常に波風を立てたくないから」「傷つきたくないから」「否定されるのが怖いから」です。

 

 

 

それも、そもそも、皆さんは、なぜ、いい人だと思われなければならないのでしょう?なぜ、素敵な女性でいなければならないのでしょう?なぜ、日常生活に波風がたってはいけないのでしょう?なぜ傷つくことを恐れるのでしょう?なぜ否定されるのがそんなにも怖いのでしょう?それを考えることが、自分を理解する、ということです。

 

 

 

 

自分のつくってしまった「脳内ルール」に気づくために、「本当に、それは否定することなの?」「本当に、それをやってはダメなの?」と、自分に問いかけ続ける3日間にしてください。

 

 

そして、本当の本当に、その「脳内ルールは正しいのか」「皆さんにとって必要なのか」を考えてみてください。

 

 

 

 

 

例として、私のことを書きますね!これは、かつての話ですが、私の「脳内ルール」として「メールのやりとりは、必ず最後は私からのメールで終わらなければならない」というものがありました。

 

 

それがなぜなのか突き詰めてみたところ、最後が自分でないと、丁寧ではないような気がしていて、相手に礼儀正しい素敵な女性だと思われることができない、と思っていたからです。

 

 

 

だから、いつも、私がやりとりの最後になるようにしていたのです。

 

 

 

でも、よく考えてみますとね、効率を優先させる男性にとっては、また、仕事のようなビジネスの場では、メールというのは少ないほうがありがたいものなので、相手からのメールを最後にしたほうが喜ばれることもあるのだ、ということが分かりました。

 

 

 

また、相手のメールを最後にできるということは、相手を信頼できることでもあるな、と気づいたんです。

 

 

 

かつては、日常でも仕事でも、友達とも、メールを頻繁にやりとりすることが好きな私でしたが、今は、そっけないメールが多くなりました(笑)

 

 

 

そして、私がいくらそっけないメールをしたところで、相手が私にメールをしたいときには、いくらでもしてくれる、ということもわかりました。

 

 

 

つまり、私の「脳内ルール」は、私だけが正しいと握り締めていただけであり、実際には、むしろ逆だったのです!(そもそも、メールが嫌いな人には、メールを送らない方が喜ばれますしね)

 

 

 

 

 

皆さんも、ご自分で握り締めている脳内ルール、ありませんでしょうか?それに気づくことができれば、それを手放すことができるようになります。

 

 

3日間、じっくり向き合ってみてください。

 

 

素敵な7月の締めくくりをいたしましょう!