ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

愛は無限です

========

 

私は本当に毎日驚いています。
hanabiさんの、コメントに対するお言葉や、質問に答えてくださる内容、、、hanabiさんがブログで伝えてくださる愛は、泉のようにどんどんわいて際限がないです。

 

 

 

愛ってこんなにも大きくて、終わりがなくて、温かくて、赦されているものなんだと、本当にびっくりしているんです。 


いつもありがとうございます

 

========

 

こちらこそ、温かなメッセージありがとうございます。

 

 

 

 

 

愛というのは、行動や言葉のことだけではないんです。

 

 

 

愛とは、「存在」のことなんです。

 

 

 

ただ、在ること。

 

 

 

 

それが、愛なんですね。

 

 

 

 

だから、大きいも小さいも、特別も普通も、究極もないんですよ。

 

 

 

 

すべての愛が、等しく奇跡であり、喜びなんです。

 

 

 

 

 

ツインレイの愛だけが特別で、両親の愛とか、兄弟との愛とか、近所のおじさんおばさんの愛がツインレイの愛よりも小さい、とか、普通である、というわけではないんです。

 

 

 

 

 

ツインレイの愛、というのは、どの愛も奇跡であり、どの愛も繋がっていて、どの愛も自分にとって必要なのだ、と理解することなんです。

 

 

 

それを教えてくれるのが、ツインという存在です。

 

 

 

 

私はツインに出会ったから特別、とか、ツインとの愛だけが大切だとか、ツインだけが本物の愛を教えてくれる、と思ったら、それは、本当に大切なことを忘れてしまっています。

 

 

 

 

無限、というのは、分割がないことなので、そこには優劣がなくなるんです。

 

 

 

愛は無限なのですから、誰かだけの愛が特別で優れている、という解釈は違います。

 

 

 

 

 

私の愛が、泉のように湧いていると感じてくださるのならば、それは、愛の本来の姿というのは、無限であるがゆえに、私の心の泉からは、際限なく愛が溢れ出てくるのです。

 

 

 

 

それは減りもしないし、無くなりもしません。

 

 

 

 

だから、真実の愛には、嫉妬はありません。自分に無限の愛があると分かるので、誰かを羨ましく思わないのです。

 

 

 

 

 

愛とは、在ること、です。

 

 

 

 

ツインとは、愛とは在ることなのだ、と教えてくれる存在です。

 

 

 

 

 

そのための、学びのステージです。