ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

【重要保存記事】ツインレイ 真実の愛

========

 

私が質問したかったのは、ツインレイ、ツインソウルで悩まれている方の圧倒的多数が、いわゆるサイレント期間にいると思ったからです。

 

========

 

今日は、とっても大切なことを書きます。この記事は、これからの皆さんにとって、非常に重要な内容になりますので、これから、何度でも読んでください。

 

 

 

私は、皆さんからのメッセージをいただいて、なぜ、皆さんがそんなにも我慢したり、辛いままの現状を変えようとしないのか、そのことについて、分かったことがあります。

 

 

 

 

皆さんは、ツインレイの関係性とは、辛くて苦しくて、思うようにいかなくて、拒絶されるものである、と思われているのではないでしょうか。

 

 

 

上にご紹介したメッセージのように、多くの方は、ツインの相手とは圧倒的多数の人がサイレントにいて、相手と連絡を思うように取れない、拒絶された状況にある、と思われていると思うんです。

 

 

 

これは、本当にそうでしょうか? 

 

 

 

 

それは、違うんです。

 

 

 

 

皆さんは、ツインレイの関係性とは、拒絶されたり、自分の思うようにならないことが当たり前のように思ってしまっています。だから、今、どんなに辛い状況にいても、それが普通なんだ、と受けとめてしまい、その状況を無意識にも継続してしまう、ということが起きています。

 

 

 

 

ツインレイの真の関係性とは、そして真実の愛とは、穏やかで、温かで、本音をさらけ出し合えて、共に育んでいく愛、です。こちらが、真実の姿なのです。

 

 

 

なぜ、辛い人が圧倒的多数のように思えるのか。それは、辛い状況の人がその辛さや苦しみゆえに、多数、ブログなどを書く傾向があり、穏やかで温かな愛を育んでいる人は、ブログなどで発信しない傾向があるからです。ですからね、拒絶されたり、冷たくされたり、思うようにいかなかったりする人が多くいるように見えるだけなんです。

 

 

 

 

そして、皆さんは、その辛さや拒絶のほうを、ツインレイの当たり前の姿だと思い込んでしまい、だから、自分が拒絶されたり辛かったり、うまくいかないということを当たり前のように受け入れてしまっています。

 

 

 

 

では、もし、真実のツインレイの姿が、拒絶や連絡を取れないという状況ではなく、穏やかで、温かなコミュニケーションの中で育まれるものだとしたら? 皆さんは、今の状況をどう思うでしょうか? 

 

 

 

 

私たちのうまくいかない関係性は何かが違う、もっと温かで優しい愛を育みたい、と思うのではないでしょうか?

 

 

 

 

拒絶や冷たさが、本当に真実の愛でしょうか?

 

 

 

 

連絡が取れないことや、 話も聞いてもらえないような状況が、本当に皆さんが求めている愛の形でしょうか。

 

 

 

 

確かに、ツインレイの関係性で、拒絶や冷たさ、ということもありますし、辛く苦しい思いもすることもあります。

 

 

 

 

しかし、まず、ツインレイの関係性における拒絶や冷たさ、というのは、お互いに深く愛し合っている最中に起きることなので、その拒絶や冷たさは、愛の形の一つであるという深い実感があります。ですから、離れていても、お互いに愛し合っているという実感があるため、それによって心が愛で満たされています。(これは、そう思い込む、ということではなく、リアルに満たされた感覚がありますので分離が辛くありません)

 

 

 

 

また、ツインのステージにおける辛さや苦しみは、分離の最初のおおよそ数ヶ月のことであり、ずっと苦しみが続くわけではありません。分離の苦しみを乗り越えた先には、穏やかさと温かさで満たされていきます。

 

 

 

 

皆さんが、ツインレイとは苦しい関係性だ、と思い込みますと、それが皆さんにとっての当たり前になってしまいます。

 

 

 

 

皆さんが、ツインレイとは優しくて穏やかな愛だ、と思い込みますと、それが皆さんの当たり前となって、そういう関係性が普通に思えると思います。

 

 

 

 

 

真実の愛とは、穏やかで優しさに満ちていて、お互いにありのままの姿を見せあえて、共に同じ方向性を向いて育んでいくものです。そちらを、今日から、皆さんの当たり前にしてください。

 

 

 

こちらを皆さんの当たり前の姿として認識してください。

 

 

 

 

そして、今、どんなに辛く苦しい状況にある方も、そちらの愛に向かうためのがんばりをなされてください。なぜならば、皆さんという女神は、そんな素晴らしい愛に満たされて当然の存在なのですから。