ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

本音に気付くために

========

 

hanabiさん、こんばんは。 ゆるす、についての記事が、かなりグッときています(笑)

 

 

私も、彼と一緒にいた頃からつい数ヶ月前まで、彼に関するありとあらゆる全てを許しまくっていました。 自分に、たーーーーっくさん嘘をついて。 それが美しいような気さえしていました。

 

 

それが正しいと思えたのは「きっとツインだから」を、保険のようにいつも心に持ち続けていたからで、その一方的な想いは、彼からすると、ずいぶん歪んだものに感じていたんじゃないかなと思います。 

 

========

 

彼をツインだと確信しているなら、いわゆるツインという眼鏡を外して、彼のことをそのまま、ストレートに見ることです。

 

 

 

ツインのステージを通して彼を見るのではなく、彼の行動、言葉を、直視するのです。

 

 

 

 

〇〇だろうな、〇〇かもしれないな、という、推測を一旦やめて、ただ、2人に起きた事実だけを直視します。

 

 

 

 

そうやって、ご自分の本音に気付いてください。これは、ご自分の本当の感情に気付くために、とても大切なステップなのです。

 

 

 

 

ツインのステージとは、手放しと宇宙への降伏ですよね。この、手放す、というのは、究極には、相手がツインかどうかも手放す、という意味なんです。

 

 

 

 

ツインかどうかも手放す、ということができるのは、逆説的ですが、相手がツインだと確信しているからこそ、ツインであってもなくてもどちらでもかまわない、というような気持ちで、相手を手放すことができるのです。

 

 

 

 

 

そして、真実の愛とは、相手を憎むことができる、相手を大嫌いになれる、という、それが可能になって初めて、真に相手を愛せるようになります。なぜならば、相手を憎んでも大嫌いになっても、真に愛していれば、決してそこから愛はなくならないからです。ご自分の本音を理解するために、怖がらずに、彼を憎んだり大嫌いに思ってみてください。

 

 

 

 

真実の愛は、決して無くなったりしません。