ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

ゆるしているふりを止めること

今日は、私がセッションで一番多く耳にする言葉について、皆さんにお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

それは

 

 

 

 

 

「私は幸せだと思っていた。しかし、そうではなかった」

 

 

 

 

というものです。90%の方は、こうおっしゃいます、ということは、同じように、私のブログを読んでくださっている皆さんも、同じである可能性が高い、ということです。

 

 

 

 

私たちは、自分のことは自分で一番よく分かっている、と思いますよね。

 

 

 

 

しかし、実はそうではないことも多くあるんです。なぜならば、自分は、自分の人生しか生きていませんので、それがどのような人生であれ、自分は普通だ、と思いやすいんですね。

 

 

 

 

そして、自分の考え方とか、自分の今の現状について、「普通だ」と捉えやすく、それで私は幸せなのだ、と思いやすいのです。

 

 

 

 

 

しかし、私という第三者の意見を聞いて、初めて他の人の生き方を知り、自分の過去がどうだったかに直面すると、

 

 

 

 

 

自分では幸せだと思っていたけれど、こんなにも我慢していたのだ

 

 

 

 

私は恵まれていたと思っていたけれど、こんなにも辛かったのだ

 

 

 

 

と、初めて気付かれるのです。

 

 

 

 

 

そして、無償の愛、ゆるす、相手を受け止める、ということが、さらに、自分の辛さや我慢を抑圧してしまっています。

 

 

 

 

皆さんも、当てはまるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

辛いのに、ゆるしているふり

 

 

 

嫌なのに、我慢していること

 

 

 

欲しいのに、欲しくなりふり

 

 

 

 

求めているのに、手放しているふり

 

 

 

 

会いたいのに、会わなくても大丈夫という強がり

 

 

 

 

寂しいのに、私は大丈夫という嘘

 

 

 

 

やめて欲しいのに、やめてと言えない

 

 

 

 

 

 

こんな気持ちまま、「私は幸せです」と皆さんおっしゃるんです。

 

 

 

 

そして、実はそうじゃなかった、もっと本音を感じて良かったのだと、知るのです。

 

 

 

 

 

皆さんのハートは知っています。

 

 

 

 

今、本当に幸せなのか、それとも偽りの幸せなのか。

 

 

 

 

 

 

現実を変える時に大切なことは、まずは、自分の本当の気持ちに気付いてあげることです。そこから、変容がスタートします。

 

 

 

 

 

嘘をつかないでください。偽りない本音に気付いてあげてください。

 

 

 

 

 

あなたの本音に耳を傾けてあげられるのは、あなたしかいないのです。

 

 

 

 

 

 

そして、この、気づきのために、ノートとペンがとても有効なのです。これが、何度も書いてください、とお伝えしている理由です。