ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

喜びを彼にもらおうとしないことです

喜びとは、身近なところにたくさん散りばめられています。

 

 

 

 

それは、彼に満たしてもらったり、彼に愛してもらったりしなくても、たくさんの喜びが、もう、すぐそこにあるのです。

 

 

 

 

 

もし、私は彼に愛してもらうことが一番の喜びだと、思うのであれば、ご自分の日常生活を思い返してみてください。

 

 

 

 

 

ご自分の日常生活において、何か、満たされないことがあって、それを埋めて欲しくて彼に愛されたいのではないか?

 

 

 

 

 

自分で自分は欠けていると思っているから、彼に満たされたいのではないか?

 

 

 

 

 

身近な人とうまくいっていないから、彼の愛がそんなにも大きなものに感じられるのではないか?

 

 

 

 

と。

 

 

 

 

 

 

もし、そこに一つでも思い当たるところがあるならば、まずは、ご自分の日常生活を自分で満たし、自分で欠けていると感じているところを自分で埋めて、うまくいっていない身近な人と愛を持って接すること。

 

 

 

 

 

そうやって、まずは自分1人で自分をひたひたの愛で満たすのです。

 

 

 

 

自分でやるべきことをやっていない部分を、自分で得られない喜びを、彼に満たしてもらおう、彼にそこを埋める喜びをもらおうとしていませんでしょうか?

 

 

 

 

きっと、成長が進んでいらっしゃる方は、私のこの言葉の意味がよく理解できると思います。

 

 

 

 

 

今日は、厳しい意見を書いてみました。なぜならば、私はそれほど皆さんを愛しているからです!