ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

恋と愛

こんにちは。hanabiです。いつも私のブログを読んでくださいましてありがとうございます。

 

 

 

現在、たくさんの質問をいただいております。これから、少しずつおこたえしてまいりますね。

 

 

 

 

今日は「恋」と「愛」について。

 

 

 

 

 

人は恋している時。相手によって満たされたいと思います。相手に深く愛されたい、たくさん話したい、優しくしてほしい、連絡してほしい、言葉で優しさを表してほしい、など。

 

 

 

 

自分が彼という存在によって満ち足りたい、幸せを実感したい、彼に喜びを与えてほしい。これらは、恋、です。

 

 

 

 

 

人が真に人を愛する時。

 

 

 

 

相手の言葉や行動が気になりません。その人が自由であることが自分の喜びです。相手の幸せを願い、相手の喜びを自分の喜びのことのように深く感謝できます。

 

 

 

 

しかし、この、恋ではなく、愛、が可能になるのは、頭でそうしようと思ったからできるものではないんですね。(ですから、無理やりそう思わなくて大丈夫です)

 

 

 

 

頭で愛そうと思っても、彼が連絡をくれなかったり、彼が愛を表現してくれなかったり、それが辛いとすれば、それが恋だからなんです。

 

 

 

 

どんな時に真に相手を愛せるか。

 

 

 

 

それは、自分自身の愛が、心から溢れ出ている時です。

 

 

 

 

自分が自分自信の愛に満たされているので、それによって自分が自分に満ち足りていますから、相手からの愛を求めずに、相手の幸せを心穏やかにに祈っていられます。

 

 

 

 

心から泉のように愛が湧き上がってくるので、相手から何もなくても、自分は相手を深く、幸せに愛していられます。

 

 

 

 

ですからね、相手を真に愛したいのならば、まずは、自分の心を自分で愛で溢れさせるのです。相手から愛してもらう前に、自分で自分を満たすのです。

 

 

 

 

ご自分の彼に対する気持ちが恋なのか、愛なのか、じっくり考えてみてください。

 

 

 

 

もし、それが恋であるならば、皆さんは、相手ではなく、まずは皆さんご自身に恋してください。彼との関係を築くよりも、まずはご自身と愛に溢れる関係性を築くのです。

 

 

 

 

もし、ご自分は心から泉のように愛が溢れ出ている、真に彼を愛せている、と思えるのならば、もし彼が近くにいない時には、その溢れ出る愛を、身近な人に注ぎ続けるのです。それも、ちゃんと彼への愛に繋がっています。

 

 

 

 

 

 

皆さんの、心の泉を、愛という美しさでいっぱいにしてくださいね。皆さんは、美しくて優しさに満ち溢れる女神なのですから、まずはご自身の心を愛で溢れさせてください。

 

 

 

 

心の泉から愛が溢れ出ている女性は、そこにいるだけで、その軽やかな波動で周りの人を明るくできるんですよ!

 

 

 

 

 

いつもご自分に恋していてください。つまり、どんなあなたでも、いつも変わりなく大好きでいてあげてください。