ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

降伏するとは

宇宙に降伏する、というのは、宇宙に委ね切る、ということです。

 

 

 

今、目の前にある現実が思い通りでないとしても、希望が叶っていないとしても、それらを、ダメなこと、としてみるのではなく「それらはすべて宇宙の采配なのだ」と、深く信じることです。

 

 

 

目の前にある現実には、必ず意味があります。その意味とは、私たち一人一人に、その時々に必要なことを気付かせるためです。

 

 

 

すべてが意味のあることであり、すべては真実の愛に繋がっているのですから、未来は〇〇でなければならない、と、決めてしまわずに、未来のすべてを宇宙に委ねきることが、降伏、です。

 

 

 

私たちは、状況をコントロールしようとする癖がついています。なぜならば、自分で計画を立てて理想を叶えていく、という生き方が素晴らしいのだと、先生や親に教わってきたからです。

 

 

 

しかし、じっくり考えてみますとね、自分で計画を立てて行っていないこともたくさんありますよね。

 

 

 

 

何より、彼との出会いは、計画したからその人に出会えた人はほぼいないと思います。偶然にも、その相手に出会いましたよね。

 

 

 

そして、私たちは自分の親を選べませんでしたし兄弟も選べませんでした。生まれてくる土地や環境も、育ってくる道のりも選んだわけではありません。

 

 

 

でも、今、こうしてここにいます。

 

 

 

つまり、自分で計画したり選ばなくても、こうやって、気付いていてもいないことでも、ちゃんと宇宙は私たちに必要な出来事を与え続けてくれているんですね。

 

 

 

ですから、自分の意思でコントロールしようとすることをやめて、宇宙の意思に委ねてしまうこと。未来の結果を手放して、あとは宇宙の意思で、その流れに乗って過ごしていくと決めること。これが、降伏です。

 

 

 

 

宇宙に降伏しますと、ちゃんと宇宙が導いてくれますから、リラックスして、肩の力を抜いて、ご自分の心の中にある愛を育ててください。宇宙の大河に身を任せてください。