ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

「私が私自身を100%信じた」

========

 

ツインソウルということを知って6年、相方さんを『ツインソウルではないのでは?!』と想ったこと、頭を少しでも過ったことは一度もありません。

 

 

 

ブログでhanabiさんが書かれていることが今でこそ理解できるのは、私が私自身を100%信じたからです。

 

 

 

 

誰に何を言われても、ツインソウルブログにどのような事が書かれていても、ツインソウルの本を片っ端から読んでも、スピの方にカウンセリングしてもらっても、どんな情報が自分に入ってきても、私が私自身の初めて出逢った感覚をいつも感じて信じてこられたのも、私が私であったからです。

 

========

 

ツインレイであってもなくても、それにこだわらないこと。私はそのことを何度も書いています。

 

 

 

これは、分かりにくいことでもあると思います。なぜならば、相手がツインレイだと思うからこそ、進んでいるツインのステージです。相手がツインだと思えたからこそ、辛い時も苦しい時も進んで来れたと思います。

 

 

 

それが、ツインであってもなくても、こだわらない、というのは、なかなか理解しにくいですよね。

 

 

 

 

ですから、もし、今、ご自分の相手が絶対にツインレイだと信じている、とか、相手はツインに違いない、と思われるときは、そう思っていて大丈夫なんです。

 

 

 

 

相手がツインだとこだわらなくなる、というのは、自然と起きてくる感情だからです。それが今は起きていない、ということは、ダメなわけではなく、今は相手がツインだと深く信じることが良いタイミングだ、ということですから。

 

 

 

 

 

なぜこだわらなくなるのか。それは、まず1つは、こちらのメッセージにいただきましたように、相手をツインだと深く確信するからこそ、なんです。

 

 

 

 

例えば、私たちは、明日、太陽が昇るかどうかなんて、誰も気にもしませんよね。なぜならば、太陽が昇らないと生命はみな生きることはできないのですが、太陽が昇るのは、もう、誰もが疑うことのないぐらい、毎日毎日、当たり前のように昇るので、太陽は明日も必ず昇るのだ、という深い確信がありますから、そのことを気にもとめません。

 

 

 

 

それと同じで、もう、自分にとっては、相手はツインレイであるのは間違いないほどの、圧倒的な感覚があるので、そのことは、自分にとっては絶対的事実でありますから、もう、そのことを考えることもなくなるんです。

 

 

 

 

ツインのステージの、いわゆる「手放し」では、無理やり彼を忘れたり、強引に手放そうとすることではなくて、こんな風に、自然に相手がツインレイかどうかということすら気にならないぐらい、相手に執着せずに、ツインレイということにも執着せずに、ただひたすら相手に愛を送り感謝に満ち溢れる状態です。

 

 

 

 

そしてもう1つ。万が一、相手がツインレイではないと誰かに言われたり、万が一、仮に相手がツインレイではないと思うような出来事があったとします。

 

 

 

 

でも、たとえ相手がツインレイではないと言われたとしても、自分に起きている圧倒的な現実と、相手との関係性において、それがツインレイであるかどうかは、もう、関係ないぐらい自分の成長があったり、自分の幸福度が増したり、魂の感覚があったりします。そうなりますとね、相手がツインレイであるかどうかよりも、その人がその人であることが、深く感謝できるんです。

 

 

 

 

ですから、ツインレイのステージでは、「手放し」「宇宙への降伏」という段階に進んでいきます。

 

 

 

 

 

ですからね、どうぞご自分の感覚を信じて、この宇宙を信じて、一歩ずつ、一歩ずつ進んでください。

 

 

 

 

相手がツインレイだと思うからこそ前に進めることもあります。相手がツインレイだと信じられるからこそ、乗り越えられることもあります。

 

 

 

 

相手がツインレイだとこだわらないほうが前に進めることもあります。

 

 

 

 

 

どうぞ、ご自分のハートの感覚を信じて、

 

 

 

 

 

「すべてはベストのタイミングで起きている」

 

 

 

 

 

ことを信じて、愛そのものとして生活してまいりましょうね。

 

 

 

 

そして、これは、ツインのことに限らず、自分で自分のことを信じられるようになること。これが、ありのままに、自分らしく生きるということです。

 

 

 

 

自分で自分を信じてあげられるようになるためにも、1つずつ、一歩ずつ、自分を認め、自分を愛してあげてください。

 

 

 

メッセージありがとうございました。