読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

制限をなくすということ

皆さんからのメッセージを読ませていただきますと、今、お辛い状況や、苦しい感情でいらっしゃる方が少なくないと感じられます。

 

 

 

 

その時は、ぜひ、大空を見上げてください。

 

 

 

 

ぜひ、夜空を見上げてみてください。

 

 

 

 

地球というこの地上は、3次元ですから、様々な制限、ルール、境目、分離があります。

 

 

 

 

国境が国と国とを分けています。県境が日本国内を分割します。家の壁が自分の家とお隣さんと分けています。

 

 

 

 

その国の文化や言葉があって、人種や民族が生まれます。学歴、職業、資格、仕事の評価、年齢、など、様々な違いがあります。

 

 

 

 

3次元という世界だからこそ、自分と他者がいて、今という時間があって、それぞれの目に映る現実世界があります。

 

 

 

 

でも、空を見上げてみてください。

 

 

 

 

一切の境目がありません。

 

 

 

 

 

国と国とを分ける国境もありませんし、県と県とを隔てる県境も空にはありません。

 

 

 

 

自分だけの土地もありません。全部、繋がっています。

 

 

 

 

この地球も、地上にはそもそも、何の境目も分割もなかったのです。

 

 

 

 

境目がなければ、みんなが仲間です。協力したり、助け合ったり。

 

 

 

 

境目ができてから、争いや戦争が始まりました。この土地は私のものだとか、こっちの法律が素晴らしいとか、こっちのやり方が正しいとか。

 

 

 

 

境目ができてから、こちらの民族がえらくて、そちらの民族は劣っているとか。

 

 

 

 

境目ができてから、周りの人と共に生きることよりも、相手を判断し、優劣をつけ、自分の法律でジャッジして、善悪を決めるようになりました。

 

 

 

 

 

境目のない空に浮かぶ雲は、自由自在です。

 

 

 

 

自由に形を変え、どこに行ってもゆるされて、他の雲と争わず、どっちの雲が素晴らしいとか比べることもせず。

 

 

 

 

宇宙とは、そして魂とは、空であり雲です。

 

 

 

 

本当は、何の境目もなく、自由であり、そして分割がないということは、みな、誰もが繋がっているということです。

 

 

 

 

今日、私は、澄み切った青空を見上げて、改めてそう思いました。

 

 

 

 

かつては宇宙空間に暮らしていた私たちです。

 

 

 

 

私たちは、この3次元にきて、喜怒哀楽を経験するために、うまくいくことだけじゃなくてうまくいかないことや間違いや失敗を経験するために、愛の喜びだけではなくて、愛の苦しみや切なさを経験するために(愛のないように見える現実を通して、愛に気づくために)、わざわざ地球に降り立ちました。

 

 

 

 

 

私たちの誰もが、この地球では分かれている存在に見えますが、宇宙空間に帰還すれば、また、元の大いなる1つに戻ります。

 

 

 

 

あと数十年もすれば、誰もが地球での生活を終え、魂の姿に帰ります。そこでは、敵も味方もありません。

 

 

 

 

様々な感情があると思いますが、それらは、自分の魂の成長のために、自分で決めたことであり、そのすべてが真実の愛に繋がっています。

 

 

 

  

 

どうぞ大きな青空を見上げながら、分割のない世界を見て、ご自分が愛そのものだったと思い出してください。

 

 

 

 

 

あなたはそもそも、無限の広がりを持った愛の塊です。目を閉じて、ハートの鼓動を感じて、それを思い出してくださいね。

 

 

 

 

 

 

魂の成長とは、あなたがあなたを解放し、空を舞う雲のようにどこまでも自由になることです。