読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

自分の価値

皆さんが、例えば、大切にしているご自分のスマホや携帯を、他の誰かに傷つけられたり、粗末に扱われたら嫌ですよね。

 

 

 

どこかに投げられたり、あんなスマホはダメだ、なんて誰かに言われたら悲しいです。

 

 

 

 

愛車とか、お家とか、カバンとかお気にいりの洋服とか、アクセサリー、財布など、皆さんが大切に使っているものは、皆さんはとても大事にされていると思うんですね。

 

 

 

 

その、大切なものの最大なるものは、皆さんの生命ではありませんでしょうか。

 

 

 

 

皆さんというご自身の存在以上に、大切なものがありますでしょうか。

 

 

 

 

あなたは、ご自分という大切な大切な、この世界にたった1人の存在を、一番近くにいるあなたご自身が、嫌ったり、否定したり、劣っていると思ったりしたら、あなたの生命は悲しんでしまいます。

 

 

 

 

 

相手に嫌われたり、拒否されたり、無視されたり、イヤな言葉をかけられたりしたとします。

 

 

 

 

その時に、たとえ相手にそうされたとしても、それは、あなたの価値が低いとか、あなたが劣っているから、とか、あなたがダメだったから、ではないんです。

 

 

 

 

相手がそうすることと、皆さんの価値は、実は別問題なのです。

 

 

 

 

たとえ相手があなたを否定しても。

 

 

 

 

それは、その時のその相手がそう思った、ということですよね。

 

 

 

 

でも、考えてみてください。

 

 

 

 

 

そもそも、相手は、皆さんのすべてのすべてを理解しているわけではありません。

 

 

 

 

その時、相手に映った皆さんの姿は、あなたの表面であり、皆さんの一部です。

 

 

 

 

もしかしたら、あなたは相手に依存したり、嫌な言葉を言ってしまったかもしれません。

 

 

 

 

でもね、その行動だけが、その時の言葉だけが、あなたという人を表しているわけではありませんよね。

 

 

 

 

あなたは、時に意地悪だったり、あなたの行動が相手にとって嫌なものに映ったかもしれません。

 

 

 

 

でも、私は知っています。

 

 

 

 

あなたは、たとえその時はそうであっても、心の中はたくさんの優しさが詰まっています。相手には届かなかったかもしれないけれど、本当はとても可愛らしくて、清らかなお気持ちがあって、相手を思いやり、相手を愛するからこそのその行動や言葉になったんです。

 

 

 

 

相手は、その、皆さんの心の内側まで見れていなかっただけなんです。

 

 

 

 

相手に否定されても、傷つけられるようなことをされても、それはただ、あなたの一部に対して、相手が放った言葉や行動です。

 

 

 

 

もし、仮に、今、皆さんが思っている相手があなたという素晴らしい存在を愛することはしないと選択したとしても、それで皆さんの価値が変化するわけではありません。その場合は、他に皆さんのすべてを深く愛する異性がいる、ということなんです。

 

 

 

 

 

もしくは、皆さんを心では愛していても、あなたの行動とか言葉だけを判断して、それに対してなんて言って良いのか言葉が見つからない、という場合もあります。男性は、自分の感情を言葉にするのが苦手ですから、相手に伝えるぐらいなら黙っておこう、と思う方も少なくありません。

 

 

 

 

 

もう一度言います。

 

 

 

 

相手の拒絶、無視、連絡がないことと、皆さん自身の価値は「別問題」です。

 

 

 

 

相手にどんなことをされたとしても「私は私の価値をちゃんと知っているよ」「他の誰がなんと言おうと、私はあなたをすべて愛しているよ」と、何度でも言ってあげてください。

 

 

 

 

 

あなたがどんなに悩んでいても、どんなに苦しい気持ちの時も、皆さんの生命の鼓動は、どんな時もひと時もとまることなく、全力で皆さんを生かしてくれています。

 

 

 

 

時々、ご自身のハートの鼓動と対話してみてください。毎日毎日、健気に、懸命に生きています。

 

 

 

 

皆さんは、言葉にならないほど価値があるのです。