読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

自分をどこまでも自由にするために

自分の魂を成長させる。そんな相手になぜ、出会ったのか。

 

 

 

なぜ、今というタイミングで、彼に、彼女に出会い、自分を変えようと思ったり、自分軸の人生を実現しようとしているのか。

 

 

 

 

それは、自分の魂が、

 

 

 

「自由」

 

 

 

 

を求めているからです。

 

 

 

 

愛とは自由のことです。皆さんの魂は、ちゃんとそれを知っているんです。

 

 

 

 

もっと自由に愛したい。もっと自由に愛されたい。もっと自由に羽ばたきたい。もっと自由に輝きたい。

 

 

 

 

 

他人軸の人生。相手に求める人生。相手に期待したり、執着する人生は、不自由です。

 

 

 

相手がツインかどうか悩んだり、信じたり信じられなくなったり、相手の愛を確信できたり迷ったり。それは、相手がどうというよりも、その考えによって身動きが取れなくなったり、心が浮き沈みしたりして、不自由になってしまっているのは、皆さん自身なんです。

 

 

 

 

つまり、相手の態度や言葉をきっかけにして、自分で自分を自由ではなく、縛りや制限の中で苦しくなってしまっているのは、無意識のうちに自分自身でそうしてしまっています。

 

 

 

 

魂は、本来、伸びやかで柔らかで、無限で生き生きとしていますから、そんな縛られた不自由さの中にいるのが苦痛なんですね。

 

 

 

 

その自由な愛を実現させるのが、自分軸の人生です。

 

 

 

 

彼や彼女が、皆さんを自由にするのではありません。相手に愛されてから自由になれるのでもありません。

 

 

 

 

相手の言動がどうであれ、皆さんは、いつでも自由でいられます。

 

 

 

 

今、自由でないと感じて辛さを感じているとすれば、それは、自由になれるチャンスが来た、ということなんです。

 

 

 

 

相手とうまくいかない時や、意思の疎通がはかれない時、現実に辛さや苦しみがある時。それは、宇宙からのメッセージです。

 

 

 

 

「皆さんが自分を縛るのは、もう終わりです。皆さんの魂は、自由を求めています。今こそ、自由に飛べる翼があることを思い出すのです」

 

 

 

という、愛のメッセージです。

 

 

 

 

自由な翼を新しく手に入れるのではなくて、もともと皆さんの背中に生えているその翼を思い出す。それが、自分軸の人生への道のりです。

 

 

 

 

そこで、今、自分が自由でないとすれば、「何が自分を不自由にしているのか」「どんな考えが自分を制限したり縛ったりしているのか」紙に書き出してみてください。

 

 

 

 

そのヒントは、〇〇すべき、〇〇じゃなきゃダメ、〇〇であるはずだ、〇〇じゃなきゃ私は幸せになれない、相手は〇〇であってほしい、というジャッジの物差しです。

 

 

 

 

その物差しをなぜ持ってしまっているのか、そして、その物差しが本当に正しいものなのか?自分に問うてみてください。

 

 

 

 

自分の自由を、皆さん自身が実現させてあげてください。それは可能なことなのです。

 

 

 

 

愛とは自由のことです。