読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイの愛を生きる

ツインレイとして生きることで、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

「今を生きる」ということ

たくさんのメッセージをいただいております。皆さん、ご自分の様々な感想、心の内側にある想い、彼・彼女とのこと、ご自分の進んできた道のりなどをお聞かせくださいましてどうもありがとうございます。すべてじっくり読ませていただいております。

 

 

 

皆さんは、似たような状況の場合はあっても、誰ひとり同じ状況の方はいらっしゃいません。ですから、それぞれ皆さんの現実の中で、本当に懸命に前に進まれ、愛の探求に熱心であることが伝わってきます。そんなご自分をご自分でたくさん褒めてあげてくださいね。

 

 

 

 

ここでは、「今を生きる」ということについて。

 

 

 

お辛い時、苦しい時、どうして良いのかわからない時。「今を生きる」というのは、「今に抵抗しない」ということなんです。

 

 

 

今ある現実や、今起きている感情を「変えよう」「変えなくては」「このままじゃダメだ」と思いますとね、その現実やその感情そのものよりも、その「思考」のほうが、今を辛くしてしまっているんですね。

 

 

 

そうではなくて、今、目の前にある現実、今、自分に起きている感情を、そこに抵抗しないで、それを、川の流れに流したままにしておきます。

 

 

 

川の流れに逆らおうとしますと、泳いでいても苦しいです。

 

 

でも、川の流れに乗りますとね、その流れにそって、リラックスして前に進めます。

 

 

 

ご自分では変えられない現実、自分の心の中に起きてしまっている感情。それらに、抵抗することなく、現実という川の流れ、自分の感情という川の流れに、ただ、流されてみてください。

 

 

 

自分にとって好ましくない現実も、今、変えられないのであれば、川の流れに任せてみる。

 

 

自分を辛くするネガティブな感情も、今、無理に変えようとしないで、川の流れに任せてみる。

 

 

 

そうしますとね、川の流れ、というのは、いつかは、海に繋がっていきますよね。そして、どんなに緩やかに流れている川でも、常にその川は流れています。

 

 

 

私たちの現実や感情も同じなんです。現実、というのは、常に変化しています。常に地球が回っているように、常に目の前にある出来事は、そうは見えなくても、何かしら変化しています。

 

 

感情も同じです。一定ではないのが感情です。どんなに辛いお気持ちも、どんなに悲しいお気持ちも、それに抵抗せず、変えようとせず、静かに感じたままにしていますとね、少しずつ、それが変化していきます。

 

 

 

頭の中で、川の流れをイメージして、そこに身をゆだねてみてください。

 

 

 

この宇宙には、目には見えなくても、宇宙の大河が存在しています。降伏して委ねる、というのは、その宇宙の大河に自分を明け渡す、ということです。

 

 

 

力を抜いて、宇宙の大河に身を任せた「今」を過ごされてくださいね。

 

 

 

 

抵抗せずに。変えようとせずに。今、というこの時を抱きしめて、身をゆだねてみてください。