ツインレイの愛を生きる

愛の学びを通して、真実の愛を知りました。愛そのものとして生きましょう。奇跡は常に起きています。

魂の価値

おはようございます。hanabiです。

 

 

男性の方からのたくさんのメッセージを書き込んでいただき、私はとっても驚いています。そして、これまで、私の記事に救われたり、助けられたりしていたとのこと。これは女性の方もそうですが、そのように書いてくださる方がとても多く、嬉しく読ませていただいております。ありがとうございます。

 

 

 

では、今日から、いくつかの記事に分けまして、ツインレイ・ツインソウルに関して私が感じていることを書きたいと思います。コメント欄に色々なご質問をいただいておりますが、今回は、ツインレイ・ツインソウルに関する記事を主に書きます。「自分軸を確立すること」「女神・男性神になるためにできること」につきましては、名称を変更したブログに書きますので少しお待ちくださいね。

 

 

 

これからツインレイ・ツインソウルに関することを書くにあたりまして、改めてネットでツインを検索ワードとして調べてみたのですが、もう、驚く程の情報がありますね。最近、検索していなかったのでびっくりしました。きっと、私のブログを読んでくださっている皆さんも、他のサイトやツインブログを参考になされていると思います。

 

 

今日からここに書く事は、私の見解であり、私の感じていることです(これは、後からの記事にも書きますが、ツインに関する情報で、100%正しい情報はありませんから、これから書く事は、私が信じていること、ということです)

 

 

では、今日のテーマです。

 

 

 

「魂の価値について」

 

 

 

ツインの多くの情報では、ツインとの特別な真実の愛がある、ランナーツインはチェイサーにとって特別な人、ツインは運命の相手である、と説明されていると思います。

 

 

これは、間違いではありませんが、慎重に読むことが大切だと思いますから、私の解説をいたします。

 

 

 

「相手を特別」と見た場合、無意識のうちに「特別な相手以外は特別ではない」という判断(ジャッジ)のものさしをつくっていることになります(自分は気づいていなくても、です)

 

 

 

相手は特別だ、と思いますとね、相手を縛るというよりも、自分自身を縛っている、自分自身を苦しくしている、ということが起きているんです。

 

 

 

なぜならば、特別な人だけが自分を幸せにしてくれる、特別な人に再会しなければ幸せは訪れない、という、とっても限定的で、狭い世界に、自分で自分を入れてしまっているからです。

 

 

 

これは、ツインのことに限らず、「私は特別だ」「あの人は優れている」と思ったとき、人は、特別な人以外を特別な人ではない(いわゆる普通の人)と考えたり、あの人は特別だから他の人よりも優れている(ほかの人は劣っている)という思いを同時に持っていることになります。(これも、無意識に思っていることが多いです)

 

 

 

確かに、ツインという存在は、特別です。

 

 

しかし、そう思っても幸せになれるのは、「ツインは私にとって、特別な人」「と同時に、周りにいる人も、みんな特別な人」と思えたとき、理解できたときです。

 

 

 

相手の存在や、相手との関係性や、相手との繋がりの強さには、一人一人違いがあります。確かに、ツインと呼ばれるような異性、運命の相手と思われるような異性とは、その結び付きが強く、特殊な関係性であると言えます。

 

 

それは、「特殊」なのであって、「特別(その人が優れている)」というわけではありません。

 

 

これは少し前にも書きましたが、ツインが特殊なのであれば、「今、隣にいるうまくいっていないご主人」「関係性が冷めているご主人」「冷たい彼氏」「過去に失恋した人」「片思いの人」「過去に何かを気づかせてくれた人」「片思いしている人」は、全員、ご自分との特殊な関係性によって、何かを教えてくれたり、成長させてくれたり、学ばせてくれたり、愛を教えてくれたりしている人です。

 

 

 

そして、それは異性に限らず、自分の親、兄弟、親戚、祖父母、友達、先生、仕事仲間、など、これまで出会った人や近くにいてくれる人々は、みな、それぞれ、何らかの理由があって出会い、それぞれの関係性の中で、人間関係を築いています。

 

 

 

魂の価値に違いはありません。

 

 

 

ツインレイ・ツインフレーム・ツインソウル・ソウルメイトなど、それぞれ存在するとすれば(これらについても後ほど記事にします)、それは、それぞれの役割の違いであり、魂の価値に優越はありません。

 

 

あたかも、ツインレイという相手が自分にとって最も優れた(大切な、貴重な)魂であり、それ以外の存在はツインレイよりも大切ではない、と受け取られやすいのではないかと感じられます。

 

 

 

そう思ったときに、(自分では気づいていないところで)苦しみや辛さが生まれてしまいます。

 

 

 

魂の価値に優越はありません。

 

 

 

ツインレイの異性のことが特別だと思い込みますと、その考えに囚われ、例えばですが、近くにいるご自分のご両親との関係性に意識が向かなかったり、身近にいる家族のことがおろそかになったりしてしまう、ということも起きてしまいます。

 

 

 

ご自分で、あまりにもツインのことで頭がいっぱいになっていないか、ツインのことだけに価値をおいていないか、他にも大切な人が身近にいるのではないか、と考えてみてください。

 

 

特別な人だけに価値を起きますと、それ以外の方(ご両親、兄弟、親戚、祖父母、家族)が与えてくれている大きな愛を見落としてしまいやすいです。時には、とっても大きな愛を与えてくれているのに、ツインの方ばかり見ているせいで、それらが見えていないことがあるのです。

 

 

 

この記事を読んでくださったみなさん、ぜひ、最も身近にいてくれる人からの愛を受け取れているか、その人がどんな愛を与えてくれているのか、これを機会に考えてみてくださいね(身近な人の愛ほど、当たり前になりすぎていて、見落としてしまうことがよくありますよね。きっとみなさんのご両親は、いくつになっても皆さんのことを心配して、皆さんのご健康をお祈りして、昨日はこどもの日でしたから、皆さんの子供時代を思い出していたと思いますよ!)

 

 

 

 

ツインレイのステージは、すべてを宇宙にゆだねること、手放すことが大切ですよね。これはつまり、ジャッジのものさしを一つずつ外していく作業です。ということは「特別」「優越」が少しずつなくなっていくステージなんです。ツインのことに限らず、ご自分のジャッジのものさしが心の内側に存在していないか、それにどうぞ向き合ってみてくださいね。